週末はスポーツ観戦

テニス中心に、サッカー、野球などの観戦記や思った事を徒然に赴くままに

2018 ATPファイナル 錦織 対 ティエム ここ一番で力を出せない課題が浮き彫り

 11月15日の23時より、ファイナル第3戦のティエム対錦織が行われています。

 ここまで錦織はフェデラーをストレートで破ったものの、アンダーソンから1ゲームしか取れない敗退の影響で、グループリーグの自力突破がない状況となっています。

 一方のティエムは2連敗しており、こちらも自力突破の可能性はありませんが、ゲーム差でわずかな可能性を残します。

 

 

f:id:chiyasyas:20171108193700p:plain

 

試合展開

 

1stセット

 第1ゲーム、ティエムのサービス。ティエムがキープする。

 第2ゲーム、錦織の要注意のサービスゲーム。やはりというか1stサービスが入らず、ティエムの強打に押されてブレークポイントを握られるもしのぐ。しかしチャンスボールも前につんのめるようなショットでエラーを繰り返してブレークポイントをたびたび握られるとフォアショットがこらえきれずブレークを許す。

 第6ゲーム、錦織は粘りのショットを見せる場面はあるものの、簡単なリターンをネットに掛けるなどファイナル3試合全く変化のない低調な内容に終始し3度のブレークポイントを握られると、最後は力のない2ndサーブがまさかのダブルフォルトとなり、ティエムに2ブレークアップされる。

 第7ゲーム、ティエムのサービンフォーザセット。ティエムもプレイも安定せず、ダブルフォルトなどでデュースになるものの、最後はティエムのフォアショットに錦織が歩いて追おうともせず、ティエムがゲームカウント6-1で圧倒してセットを取る。

 錦織はボールを叩付け、更にはラケットを投げつけ、ベンチにかえってもラケットを叩きつけるという蛮行を繰り返して観客の顰蹙を買う。

 

 錦織はファイナル出場を熱望していたにもかかわらず、勝ったフェデラー戦も含めて3戦ともかなりの低調な出来に終始しており、解決の糸口が見つかりません。かなり厳しい状況と言えるでしょう。

 試合的にはティエムが10本とミスが少なく、錦織が24本とあまりにもエラーが多く、錦織が一方的に悪いようにも見えるものの、ティエムのプレイも精度を大きく欠き、かといって錦織ももちろん低調で、エラーでポイントが入る凡戦となっています。

 

2ndセット

 第1ゲーム、錦織のサービス。ティエムの強打に粘りで返せるようになりキープする。

 第2ゲーム、ティエムのサービス。ティエムのサーブが途端に入らなくなり錦織にブレークポイントが来るも、肝心のショットでやはりというか前傾姿勢からの強打をネットに掛けるなど、チャンスである程にミスを犯し流れに乗り切れず凌がれる。

 第5ゲーム、ティエムに2ndサーブを叩かれる。更にはクロスリターンがサイドアウトになり0-30。ここからショートポイントで40-30とするも、またもクロスショットをミスしデュースへ。更には引き付けてのフォアを簡単にネットにかけ、ミスだけでブレークポイントを与える。ここで互いにネットに出てのショットの応酬で錦織が粘り切り、この日一番の歓声がこだまする。更にはネットに出てティエムの逆を突くショットで拳を何回も握りしめ自分を鼓舞する。ここでまたもネット前の接近戦でティエムのショットに反応した錦織が拳を何度も振りかざして鼓舞するキープを果たす。

 第7ゲーム、お互いに跳ねるショットの応酬も先にミスをするのは錦織。サーブで押し込みポイント先行するも、ダブルフォルトでデュースに。高いバウンドのショットがバックアウトになり、ティエムにブレークポイント。ここでティエムの引き付けてのバックハンドショットが決まり、このセットもティエムが先行ブレークを取る。

 第8ゲーム、ティエムもダブルフォルトなどで調子に乗れずデュースに。ここで錦織のショットがアウトになると錦織はラケットを叩きつける。更にはサーブでティエムがキープする。

 第9ゲーム、錦織はティエムを左右に振りキープする。

 第10ゲーム、ティエムのサービンフォーザマッチ。激しいラリーでティエムが走りこみながらのフォアクロスを決め大きくガッツポーズで3つのマッチポイント。錦織は頭を掻きむしる。最後はワイドのサービスエースでティエムがストレートで勝利を収める。

 この瞬間両手を挙げて喜ぶティエムに対して、錦織はラケットを投げつけるなど後味の悪い態度で試合を終える。

 

錦織の敗退が決定

 この試合の結果で錦織はセット差でティエムに並ばれましたが、ゲーム差でティエムに大きく差をつけられて最下位が確定してしまい、グループリーグ突破はなりませんでした。

 

フェデラー勝利の味の薄い幕切れ

 おそらく日本の報道ではフェデラーに勝った事と200ポイントを得た事で良しとする報道が多いでしょうが、3試合を見た印象としては、せっかく目指していた舞台でのパフォーマンスとしては余りにも寂しすぎる中味の無い結果になったと見ます。

 一体どうしてしまったのでしょうか。

 フェデラーもティエムも敗戦から学び改善してきました。フェデラーはコートにアジャストしないとみるや練習をせず、イメージトレーニングでコンディションを向上させました。ティエムは失敗して守る事をせずに攻め続けました。ティエムも今日は良い出来ではありませんでしたが、重要な場面での粘りや決定力は錦織を大きく上回りました。

 これに対して錦織は3試合とも淡泊と言える内容でした。時折出るよいショットや粘りのあるプレイが連続しなかったです。一様に言えるのは焦りのショットが目立ちました。攻めの姿勢とみる向きもあるでしょうが、そのショットがこれだけミスにつながるのであればそれはうまく調整したとは言えません。

 特にティエム戦ではラケットに当たる場面が何度もカメラに収められ、メンタル面でテニスに集中できていないとすら思える態度に終始しました。相手を見て逆を突くショットや深みのあるリターンが本当に散発的で安定感がありませんでした。

 

 このミスの多さと一概に言える覇気のなさは今年錦織が勝ち上がって決勝で見せたパフォーマンスと非常に酷似します。

 決勝に上がるまでは動き、プレイ、相手を見切る戦術眼どれも素晴らしい出来できていながら決勝で相手の気迫に押されて負けるという試合を今年は何度も見せられています。唯一モンテカルロ決勝のナダル戦だけは敗者として誇れる内容と言えましたがその試合以外は見るものが納得するような内容ではなかったはずです。

 

 モンテカルロの時にできて、今できない・・・・テニス以外の部分に問題がある可能性を否定できないという見方を普通に感じます。それが何かは知る由もありません。

 錦織は調子が悪かったりコートがアジャストしなくても試合中に修正できる選手です。これまでもそういうコートや技術面で一方的に改善しないままで負けた試合は多くなかったはずですが、今回のファイナルは最後まで続いてしまいました。これを考えると前述したように技術面だけの問題とは思えないのです。テニス以外の何か・・・それが何かはわかるすべもありません。

 

 いずれにしてももうすぐ30台を迎え若手の突き上げもあります。

 今後もこのレベルを保つために錦織はどのように取り組んでいくかは興味のある所です。

 

 そして、今回のツアーファイナルは現状ではジョコビッチが圧倒的に優勝候補ですが、彼がすんなり優勝するかも見どころとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018 ATPツアーファイナル 錦織のグループステージ突破可能性 2位なのに自力突破消滅の理由

 ツアーファイナルに出場している錦織選手は、1戦目のフェデラーにストレート勝ちしながらも、2戦目のアンダーソンにストレートの完敗を喫しました。

 この結果、錦織選手はフェデラー対ティエムの結果、フェデラーがストレート勝利を収めた事で、自力での突破の可能性が消滅しました。

 

 

 

現時点での成績

 

f:id:chiyasyas:20181114165932j:plain

 現時点では上記表の通り、錦織はフェデラーを抑えて2位という状況です。

 その理由は当該者同士の対決で錦織がフェデラーに勝利しているためです。

 本来であれば、この状況から錦織は勝てばグループリーグ突破、少なくてもストレート勝利すれば突破確定に見えますが、そうではありません。

 

2勝1敗だとしても敗退濃厚な原因、ゲーム差で絶対的不利

  現在、フェデラーと錦織の勝敗により錦織の順位が上にすぎず、セット差では互角で、ゲーム得失ではフェデラーが錦織を大きく12も上回っています。このゲーム得失が大きく響く展開になりかねません。

 逆にフェデラーはストレート勝利で1位突破が確定します。セット数差で錦織がストレート勝ちでも3竦みの状態となり当該者同士の成績が適用されず、現在のゲーム差を考えると、錦織がティエムを6-0,6-0のダブルベーグルでもフェデラーが7-6,7-6のタイブレストレート勝利ですらフェデラーが上回ります

 フェデラーがフルセット勝利以下の場合に、錦織がティエムにストレート勝利がほぼ条件となります。

 

試合順も錦織に味方せず

 

 更には錦織はフェデラーより前に試合をします。明日15日のデイセッションでの試合となり、フェデラーの結果ではなく、まずは自分の結果に集中する必要があります。

 とすれば、錦織はストレート勝利以外は突破できないと思い臨むべきでしょう。

 仮に1セットでも取られた場合は、この時点で3竦みの関係性になる事が消滅するため、セット差と当該者成績の結果で勝ち上がりが決まる事になります。

 

要点整理

 

 錦織〇パターン

 1)錦織ストレート勝利、フェデラーフルセット勝利以下

 2)錦織フルセット勝利、フェデラーフルセット勝利以下

 3)錦織フルセット敗戦、フェデラーフルセット敗戦以下

 

 錦織×パターン

 上記以外、以下の2パターンでも敗退パターン

 4)錦織ストレート勝利(ダブルベーグル6-0,6-0)、フェデラーストレート勝利(7-6,7-6)。

 ゲーム差で10ゲーム縮まるも、現在のゲーム差が12なため、2つ及ばず。

 =このパターンは3試合目のゲーム数に関わらず錦織の敗退が確定。

 5)錦織ストレート敗戦(6-7,6-7)、フェデラーストレート敗戦(0-6,0-6)。

 ティエム、フェデラー、錦織がセット差ー2で横並びとなる。

 ティエムが得失G -8

 錦織が得失G  -10

 フェデラー得失G -8

 上記となり、錦織が4位敗退が確定。ストレート負けの最上位の展開で錦織敗退=3試合目のゲームカウントに関わらず錦織敗退が確定。

 

 以上となります。

 

 

2018 ATPツアーファイナル 錦織 対 アンダーソン 屈辱的大敗を喫する

 ファイナルツアー2戦目、錦織は1戦目でフェデラーに勝利しており、この試合に勝つと自動的に勝ち上がりが決定する試合となります。

 しかし、そのテニス内容はそれほど良いものではなく、フェデラーのミスに助けられての勝利という印象で予断は許さないといっていいでしょう。

 コートサーフィスとあってないのか信じられないリターンミスも何度も喫しており、様子を見なければいけません。

 

 

f:id:chiyasyas:20181114000059p:plain

 

試合経過

 

1stセット

 第2ゲーム、錦織のサービス。錦織のサーブが入らず、ブレークポイントを3度握られると、フォアショットがアウトとなり、いきなりのブレーク先行を許す。

 その後も錦織はサーブが入らず、フォアのショットは一か八かの淡泊なショットを繰り返し、第4ゲームもブレークされる。

 第6ゲーム、錦織はネットの下を叩きつけるような信じられないミスなどもありセットポイントを握られると、アンダーソンのリターンがネットに当たりながら相手コートに落ちて、1stセットをベーグルで奪われる。

 

 錦織のプレイレベルは悪く、どこか集中力も途切れているように見受けられます。トイレットブレーク後のプレイで変化が見られなければこのまま押し切られるでしょう。

 

 

2ndセット

 第1ゲーム、アンダーソンはサーブで攻め難なくキープする。

 第2ゲーム、錦織のサーブ。錦織のリターンがよくならず、更には大きく外れるダブルフォルトでブレークポイントを奪われると、クロスショットについていけず、アンダーソンがこれで8ゲーム連取となる。

 第3ゲーム、アンダーソンが難なくキープし9ゲーム連取となる。

 第4ゲーム、錦織のサービス。簡単にストロークでラインを割る錦織のリターンで観客も静まり返る。更には力んだリターンをネットに掛けると、落胆のため息が会場に流れる。更にラリーからの錦織のリターンがネットにかかり、アンダーソンに3つのブレークポイントが来る。そしてセンターのリターンを錦織がネットに掛け、観客も静まり返るアンダーソンの10ゲーム連続奪取となる。

 第5ゲーム、アンダーソンがポイントを重ねる。錦織もよいショットは時折あるものの次のショットで簡単にエラーし、アンダーソンがキープし11ゲーム連続奪取される。

 第6ゲーム、このままではダブルベーグルという不名誉が見えてしまっている錦織。アンダーソンが鋭いアングルショットを見せて会場を沸かせる。ここから錦織が角度のないアングルショットをやり返し、この試合初のキープを果たす。

 第7ゲーム、アンダーソンのサービンフォーザマッチ。センターのサービスエースでスタートするアンダーソン。更には深いショットで錦織を攻め2つのマッチポイントを握ると、錦織のリターンは大きく浮き、この瞬間、アンダーソンが6-0、6-1の完勝で試合を終えます。

 

 

f:id:chiyasyas:20181114003412p:plain

 スタッツは嘘をつかない試合となりました。

 アンダーソンは強烈なサーブで錦織に満足なリターンを与えず、更にはダブルフォルトもありませんでした。その上で主にクロスリターンを用いて錦織をラリーでも圧倒しました。

 対する錦織は第4ゲームから早くも集中力が切れたようなネットにかけるリターンを連発すると、バックハンドの精度もどんんどん悪化し、頼れる武器を失って最後は一か八かのショットを連発してしまいました。冷静なアンダーソンはそれをあざ笑うかのように深く角度のあるリターンで返すと、錦織は踏ん張る事ができませんでした。

 フォア15本のエラーが盛んに報道されていますが、今年の錦織はフォアの安定性はイマイチでそこに変化があったわけではなく、むしろ正確なバックハンドで7本のエラーがあった方が錦織の不調ぶりを表しています。メンタルが崩れていたといってもいいでしょう。

 

 ここは切り替えて次の試合に挑むしかありません。

 現時点ではフェデラー戦も内容は良くなかっただけに、多くを期待できる状況ではありませんが、せっかく目標にしていたファイナルの部隊で、これまでのように厳しい試合程パフォーマンスを出せない部分を克服していきたい所です。

 

 

スポンサーリンク