読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末はスポーツ観戦

テニス中心に、サッカー、野球などの観戦記や思った事を徒然に赴くままに

2017 ATP1000 マドリードマスターズ 2回戦 錦織対シュワルツマン 経過 防戦一方から一転

 

 5月10日(水)日本時間19;15予定通り、錦織対シュワルツマンの試合が行われています。(以下敬称略)

2017 ATP1000 マドリードマスターズ 2回戦 錦織選手対戦相手はシュワルツマン選手

gettyimage

f:id:chiyasyas:20170510192452j:plain

1stセット

 1ゲーム目から錦織は怪我明けを感じさせないプレイを見せ、2つのブレイクポイントを見せるも、シュワルツマンが鋭い切り返しのショットを決め、このゲームシュワルツマンのキープ

 シュワルツマンも粘った後に強打を繰り出す。体力的にはこのスタイルで落ちないのがシュワルツマンの良さであり、ペースが落ちるのは期待できない。厄介な展開となりそうである。錦織は2ゲーム目で、4度のブレークポイントを握られるも何とかキープ。既に試合時間は20分になるがまだ2ゲーム目と長い試合となりそうな様相。

 3ゲーム目、シュワルツマンがダブルフォルトなどで錦織が再びブレークポイントを握るもいかせず、シュワルツマンのキープ

 4ゲーム目、押され気味な錦織はドロップショットに活路を見出すもうまく決まらず2つのブレークポイントを握られ、そのままミスショットでこのゲームはシュワルツマンにブレークを許す。

 5ゲーム目、リターンエースで巻き返しを図るも、ショットの正確性を欠きミスを連発、ネットに出てのボレーを試みるもことごとく決まらず、シュワルツマンがキープ

 6ゲーム目、長いラリーを避け、ネットやドロップなど打開を図る錦織だが、シュワルツマンの正攻法の攻めに押され続ける展開で、このゲームもブレークポイントを握られると華麗なプレイでシュワルツマンが見事なブレークを取り、2ブレークアップとなる。

 7ゲーム目、シュワルツマンのSFS。錦織選手も追いすがるが真正面から錦織選手に打ち勝ちこのセットを6-1でシュワルツマンがセットアップ

 

打開策が見えない

 錦織選手はフォアの調子が良くないのかロングラリーにならないような戦略で、ネットボレー、ドロップなどを使うもののその精度がよくなく、またシュワルツマンに読まれる展開。そして、ストローク合戦になると太刀打ちができていない状況。既に色々と策を立てても全て対応されており、この試合の経過を見る限りでは、勝ち目はかなり薄いように見えます。

 1-6というスコアはテニスの内容を十分に反映した内容になってしまっています

 

2セット目

 このままではストレートで持っていかれる気配のこのセット。

 1ゲーム目、サーブに関しては鋭いサーブが決まり、このゲームをキープ

 2ゲーム目、シュワルツマンが突如乱れ、3ブレークポイントを握ると、シュワルツマンのリターンがネットにかかり、錦織が待望のブレークを取る

 3ゲーム目、落ち着きを取り戻した錦織は鋭いショットを立て続けに決め、労せずしてこのゲームをキープ

 4ゲーム目、錦織選手が力強いショットを立て続けに決め3つのブレークポイントを握るとリターンを叩き、錦織が2ブレークアップを取る

 5ゲーム目、このゲームはシュワルツマンも意地を見せブレークポイントを握るもギリギリを狙ったショットがネットにかかり、錦織がキープに成功

 6ゲーム目、シュワルツマンが突如落ちたというよりは錦織選手が突如復活した形のこのセット。ダブルフォルトなどで態勢を崩したシュワルツマンに対して、錦織選手は最後まで攻めてこのセット6-0のベーグルでセットオールとなる。

 

突如の復活

 2ndセットはポイントを取るために色々と策を講じていた1stセットの戦術をやめて正面からぶつかっていったものの、結果的に迷いのない良いショットが繰り返され調子を一気に戻しました。本来の力はあるので、あとは試合勘という所なのでしょうか。

 

ファイナルセット

 1ゲーム目、シュワルツマンが反撃を見せ2つのブレークポイントを握られるも、30-40からのクロスのショットをアウト判定された際に錦織がラインの跡を消したとシュワルツマンが審判と長い抗議を行う。そこから集中力が途切れた感じのショットを続けて錦織がキープ。シュワルツマンは切り替えられていない様子がうかがえる。

  2ゲーム目、先ほどのプレイでお互いのプレイがヒートアップし、良い熱さが見られたゲーム。互いにドロップを使い応戦するも、シュワルツマンがこの日最初のサービスエースを決め、このゲームをキープする。

 3ゲーム目、互いに攻めが早くストロークでも流す気配がない。このセットは互いに攻め続けて左右に振った錦織。最後はシュワルツマンのドロップがコントロールを失い、このゲームをキープする。

 4ゲーム目、シュワルツマンの強打がアウト、錦織の逆クロスが見事に決まり、更にライン際を狙ったショットはネットにかかる、ネットに出たシュワルツマンに強打で応戦した錦織が2つのブレークポイントを握る。しかし、ライン際へのバックハンドショットが惜しくもアウトになりデュースに。リターンエースで再びブレークポイントを握ると、スライスリターンをシュワルツマンのボディーにリターンし、シュワルツマンはネットに掛けてしまい、錦織選手がブレーク先行する

 5ゲーム目、序盤は錦織選手のサーブが冴える。しかし、ネットやリターンをアウトにし、シュワルツマンにブレークポイントを握られる。ここでアウトラインにしつこくリターンしデュースに。ここから2つのショットをアウトし、シュワルツマンがブレークバックに成功する

 6ゲーム目、シュワルツマンの体力が衰えない、ネットに出るプレイや、ドロップショットの打ち合いと見所のある展開。互いに敵意をむき出しにしている。錦織が意外性のある即座のフォア逆クロスでデュースに。しかし、錦織選手が縦続けにリターンミスし、シュワルツマンがキープする。

 7ゲーム目、錦織は流れが悪くなって迎えるこのゲームが正念場。シュワルツマンの逆をつくショットを繰り出し、左右に強いショットも見せ、このセットを労せずキープする。

 8ゲーム目、シュワルツマンは攻めを強めるも、惜しくもアウトを繰り返してデュースに。錦織のアドバンテージからのリターンを逆クロスに決めて錦織選手が再びブレーク先行させる

 9ゲーム目、錦織のSFM。連続ポイントで勝利を近づけ、長いストロークからクロスを決め2つのマッチポイント。しかしシュワルツマンが左右に振られて外への厳しいボールにおいつきスーパーショットを決めてデュースに。ここからはシュワルツマンの気迫のプレイに押され気味に推移し、そのままこのゲームをブレークしたシュワルツマンがイーブンに持っていく

 10ゲーム目、SFMを凌がれてしまった錦織。逆を突いたショットを決め30-0と先行する。更にセカンドサーブを捕まえ、再び逆を取るショットで3つのマッチポイントを握る。決めに行ったショットはネットに掛けるものの、その次のショットを逆を突いたクロスをライン際に決め、セットカウント2-1、ゲームカウント1-6,6-0,6-4で錦織が勝利しました

 

試合ペースではシュワルツマンが押していた時間が多かった

 ウイナー錦織41対シュワルツマン19、アンフォーストエラー25対19この数字だけを見れば錦織が攻めていたようにも見えますが、ストロークではシュワルツマンが気迫のあるショットを連発し、それに応戦する錦織も相当なパワーを要しました。試合終了時には顔を真っ赤にしていかにも疲れたような表情を見せていました。

 しかし、1stセットの出来を見ればここまで復調するとは思わなかっただけに、錦織という選手の不思議さを再確認させられた試合とも言えます。

 2ndセットからはドロップ回数も控え、ショットの精度を上げるために打ち合いましたが、打ち合ううちに試合勘も徐々に戻ってきたという事が考えられます。

 3rdセットはお互いにやられたらやり返せの見ごたえのある攻防が見られて非常に面白い試合となりました。ドロップを決められたらドロップで返し、リターンエースを決められたら同じようなリターンエースのコースで決め返すなど、共に頭に血が上ったようなプレイは人間味にあふれて非常に面白かったと思います。

 最後のゲームで3本シュワルツマンの逆を綺麗についたショットの部分が錦織選手が経験とランキングで上回っているという所を見せた感じです

 

錦織選手の次の対戦相手はフェレール選手

 3回戦の相手は、ツォンガ選手が棄権した事により、フェレール選手との久々の対決となります。18歳の時にグランドスラムの3回戦で対戦しフルセットの末に勝利した試合が印象的な選手で大ベテランの地元スペインの選手です。ここ最近はよい所がなく衰えが顕著でしたが、昨日の試合は劣勢を跳ね返し、地元の声援を受け逆転勝利で大声援を受けていました。

 アウエーの試合となりますが、現状の錦織選手であればしっかり勝ち切らないといけない相手とは言えます。

スポンサーリンク