読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末はスポーツ観戦

テニス中心に、サッカー、野球などの観戦記や思った事を徒然に赴くままに

2017 ATP500 バルセロナオープン 錦織選手 無念の棄権を発表・・・

 モンテカルロマスターズも決勝を迎えて大詰めですが、来週から行われるバルセロナオープンに、当初シード2選手としてエントリーしていた錦織圭選手が、参加辞退を発表しました。

 2017 ATP500 バルセロナオープン 錦織選手の前に、復調を期すマレーが急遽参戦

f:id:chiyasyas:20170423133347j:plain

参加辞退理由

 錦織選手自身からの発表がありました。

 「バルセロナオープンに参加できてなくて大変申し訳なく、残念です。この大会の印象はよく、ここ数年よい成績を残せていただけにです。アンラッキーな事に右手首の状態がプレーレベルに達しなかったために、辞退する運びとなりました。またツアーに早急に戻れるようにチームと共にハードワークしていきたいと思います。」

 錦織選手は既に今週の始めにバルセロナに到着しており、そこで大会に挑むにあたり、入念に練習をしていましたが、数日前の練習で、マイアミオープンで痛めた右手首痛が再発し、トレーナーとチームとの判断から、大会直前になっての発表となった模様で、大変無念だとは思います。

 練習で痛めたとの事から、右手首の状態は元々完治してはいなかったと取るのが自然で、その状態でクレーのような体に負荷が大きい大会は流石に無理があるので、懸命な判断だったとは思います。

 

バルセロナオープン ドローへの影響

 第3シードのナダル選手が、トップかボトムハーフに入るかに最大の注目が集まっておりましたが、ボトムハーフという事で、実質第2シード選手として問題なく大会が運営できる形となっております。

 また、エントリー予定だった第6シード予定のベルディヒ選手がスキップを発表した事により、第8シードにはAズべレフ選手が入ります。

 そして、錦織選手が欠場する第2シードの枠には、17番目のシード選手として、錦織選手とは何かと因縁があるブノワ・ペール選手が2回戦からの登場となります。本来ペール選手が入るはずだった枠にはラッキールーザーの選手が入る予定です。

 

 今シーズンは思うようなテニスができておらず焦りのある錦織選手、怪我をだましだましやるよりも、フェデラー選手のように大会を絞ってでも万全の調子の元に活躍を期待します。

 

スポンサーリンク