読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末はスポーツ観戦

テニス中心に、サッカー、野球などの観戦記や思った事を徒然に赴くままに

2017 男子テニスATP1000マスターズ BNPパリバオープン 西岡2回戦カルロビッチ撃破

 マスターズパリパオープン、ラッキールーザーから勝ち上がった西岡選手は、2回戦第19シードのカルロビッチ選手との対戦でしたが、見事にアップセットを演じました。

  1st 2nd 3rd 4th 5th result
西岡      
カルロビッチ      


f:id:chiyasyas:20170312134416j:plain

 

 粘り強いプレーであきらめずカルロビッチのサーブを拾い、勝利につなげました。

 カルロビッチは調子が悪いのか本来よりも1stサービスのスピードが緩かったように感じます。調子が良い時は230キロ平均の強烈なサーブが襲いますが、今日は210キロ程度だったと思います。それでも十分な速さではありますが・・。

 それでも西岡選手は7度のブレークポイントを握られるも、これをことごとく粘りでしのぎ、1つのブレークも許しませんでした。

 対する西岡選手は4度のブレークポイントを握りましたが、その都度ナーバスになったカルロビッチがダブルフォルトで2つのブレークを許すなど、試合終了もダブルフォルトによるブレークにより西岡選手が勝利しました。

 カルロビッチ選手をこれほど苛立たせる程西岡選手は粘りを発揮していましたし、メンフィスオープン、デルレイビーチ、アカプルコと立て続けに目に見えた結果を出しています。ランキング上位だからけの戦いで今年の躍進は目覚ましい物があります。

 

 3回戦の相手はこれまたシード選手のベルディヒ選手です。

 パリパオープンはトップ32選手が全てシードとなるため、これから当たる選手は全てがトップ10レベルの実力の選手となっていきますが、いくら衰えが見られるとはいえ、今日のカルロビッチよりはテニスのプレイ幅が広く安定して上位をキープしているベルディヒ選手にどこまで食らいつけるか?

 非常に見所が多く、楽しみな試合となります。

 ナダル戦同様の挑戦者の気持ちで思いっきりプレイしてくれるのを期待します。

スポンサーリンク