読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末はスポーツ観戦

テニス中心に、サッカー、野球などの観戦記や思った事を徒然に赴くままに

PAGE TOP

2017 ジョコビッチの今後の予定

 デビス杯が現在世界各地で行われています。

 日本はフランスと国内で対戦していますが、錦織が出ていないせいか注目度が物凄く低いですね・・・。フランスもモンフィスやツォンガが出場していませんが、選手層が違います。あっさり2つ取られてしまいました。若手にはいい経験をしてもらいたいと思います・・。あっさり過ぎて恐れりいます。

 

 セルビア 対 ロシア でのデビス杯

 ジョコビッチが久々の登場です。全豪でイストミンに敗退して以来です。相手は20歳のメドベデフです。

 そのジョコビッチ・・・。。やはり全く戻っていません。エラーを連発して1セット目だけで立て続けにブレークされまくり、セットを落とします。集中力も続かず、本来なら持ち味の長いラリーでの粘りもありません。

 しかし、2セット目以降はいけると思ったメドベデフの攻め急ぎに助けられてセットを取っていくと、第4セット目に相手の棄権により勝利を得ました。

 

 しかしながら、ジョコビッチは勝利という結果以上にその出来の悪さに愕然とする感じです。サーブが弱弱しく(もともと強くはないですが)、かつ肩を痛めたとの事からトレーナーを呼ぶ場面もありました。精神力が続かないと至る所が痛くなるというのはスポーツをやってた人だと経験があると思います。

 この状態ではツアーに早期に復帰は危険ですので、ジョコビッチのツアー日程は妥当にも思えます。

 

 その、ジョコビッチのツアー日程は、このデビス杯が終わると・・・

 

 バリバオープンまで日程が組まれていません・・・

 

 つまりは1か月以上また間が空くことになります。

 ジョコビッチとしてはいつも通りという所なのですが、今は試合勘も失われている感じがあり、、、というよりそもそも試合をしたいのかどうか・・・そういう部分すら疑われる感じです。

 いつも通りのジョコは試合数を少なくしてその少ない試合に全力を尽くすという形でポイント獲得に特化して仕事をしているという感じた。この部分はフェデラーやナダルと違いテニスを純粋に楽しいというより、仕事感覚というのが伺えますし、イマイチ彼らより人気が出ない一因になっていると思います。

 ただ、それで結果を出す。1位を持続するからこそ彼のスタイルは正しく認識され、回りからの雑音に耐えるだけの精神力もありました。

 しかし、現状のジョコビッチでは、このスタイルで上位にいる事は不可能ではないか?と強く思いますね。

 

 心配はつきないのですが、あの憎たらしい程に弱点のないジョコビッチがもう一度見たくて仕方がないのです。

スポンサーリンク