週末はスポーツ観戦

テニス中心に、サッカー、野球などの観戦記や思った事を徒然に赴くままに

2018 全豪オープンテニス ドロー表 各選手動向 試合結果

・3回戦 チョン・ヒョンがズべレフの精神をを破壊し勝利!

・2回戦 西岡ストレートで敗退。杉田はフルセットマッチのサドンデスで惜敗・・

・1回戦 杉田 対 ソック 杉田シード8位相手に躍動の完勝!!

・1回戦 西岡 対 コールシュライバー 西岡シード相手に初戦勝利!! 

 2018年最初のグランドスラムが1月15日(月)より開催されます。

 開催都市はオーストラリア、時差もほとんどない事から視聴が容易と思いきや、平日は勤務時間と重なるという事情から全ての視聴が難しいという状況かと思われます。

 

 昨シーズンはフェデラー、ナダルの華々しい復活があった中、ジョコビッチ、マレー、ワウリンカ、錦織、ラオニッチと上位選手が相次いで途中でシーズンを終了してしまい、これらの選手の再起をかける意味でも重要な大会となりそうです。

 f:id:chiyasyas:20180112202247j:plain


 


 

シード選手 

 上位選手の中では、臀部の怪我が長引き手術の決断を下したマレーは全豪はおろか全仏も欠場する事となっております。

 更には錦織選手も練習はできるものの手首の違和感が取れず、当初の予想通りの全豪回避となりました。しかしながら、チャレンジャー大会に立て続けに出場する事からフィジカル的な問題はクリアしている様子がうかがえ、早い段階でATPツアーに復帰する事が期待されます。

 

 シード1 ラファエル・ナダル

 シード2 ロジャー・フェデラー

 シード3 グリゴール・ディミトロフ

 シード4 アレクサンダー・ズべレフ

 シード5 ドミニク・ティエム

 シード6 マリン・チリッチ

 シード7 ダヴィド・ゴファン

 シード8 ジャック・ソック

 シード9 スタン・ワウリンカ

 シード10 パブロ・カレーニョブスタ

 シード11 ケビン・アンダーソン

 シード12 ファン・マルティン・デルポトロ

 シード13 サム・クエリー

 シード14 ノバク・ジョコビッチ

 シード15 ウイフリード・ツォンガ

 シード16 ジョン・イズナー

 シード17 ニック・キリオス

 シード18 ルーカス・プイユ

 シード19 トーマス・ベルディヒ

 シード20 ロベルト・バウティスタ・アグート

 シード21 アルベルト・ラモス・ビノラス

 シード22 ミロシュ・ラオニッチ

 シード23 ジレ・ミュラー

 シード24 ディエゴ・シュワルツマン

 シード25 ファビオ・フォニーニ

 シード26 アドリアン・マナリノ

 シード27 フィリップ・コールシュライバー

 シード28 ジュルーム

 シード29 リシャール・ガスケ

 シード30 アンドレイ・ルブレフ

 シード31 パブロ・クエバス

 シード32 ミーシャ・ズべレフ

 

 ジョコビッチが14位、ラオニッチが22位と近年のランキングからして違和感しかないシード位置におり、早い段階から注目対決が頻発する形となります。

 若干20歳のルブレフがシーズン最初の大会で準優勝を果たし、待望のグランドスラムシード権を獲得したのが真新しい所です。

 

ドロー表

Aブロック ナダル、チリッチ山 

f:id:chiyasyas:20180122003014p:plain

Aブロック展望

本命 ナダル 対抗 無し

 このブロックはナダルが大本命です。対抗となるのはチリッチですが、年明けはどの年もコンディションの悪さが目立つため、対抗馬がほぼいない状況と言えるでしょう。最も、エキシビションを回避するなどナダル自身も万全とは言い難く、何かを起こす選手が現れる期待もなくはないです。

 昨年大活躍しシードを獲得したシュワルツマン、守備型とは言え固いテニスを披露するチョリッチ当りがナダルに対抗できるかどうかにかかってきます。 

Bブロック ディミトロフ、キリオス山

f:id:chiyasyas:20180122003027p:plain

 

Bブロック展望

本命 不在(キリオス) 対抗 ディミトロフ

 本命不在の混戦グループとなりました。

 ファイナルで優勝したディミトロフは昨年は素晴らしい開幕ダッシュを見せました。今年もその再現はなるのでしょうか。

 対抗としてはシードが高いソックやツォンガ、アンダーソンよりもキリオスを推す声が高いはずです。地元オーストラリアで開催のグランドスラムで調子も悪くなく、一発の破壊力を秘めた選手です。

 


 

 


Cブロック ティエム、ズべレフ、ワウリンカ、ジョコビッチ山

f:id:chiyasyas:20180122003045p:plain

 

Cブロック展望

本命 不在(A・ズべレフ) 対抗 ティエム

 このグループは有力選手が固まった非常に予想しにくいグループになっています。

 何といってもシード14のジョコビッチです。初戦からヤングという難敵にぶつかり、4回戦ではAズべレフ、QFではワウリンカやティエム当りとの対戦となるなど、中位シードに落ちた苦しみを物語るドローとなりました。

 また、その他では兄弟である、アレクサンダー・ズべレフとミーシャズべレフが同じ小ブロックを形成しており、3回戦で当たる可能性があります。対戦が実現すればATPツアーの試合としては初の対戦となり、注目が集まる事になります。

 一時は怪我の影響で全豪回避が濃厚と思われていたワウリンカは出場エントリーをしましたが、まだまだ予断は許さないでしょう。

 

Dブロック フェデラー、ゴファン、デルポトロ山 

f:id:chiyasyas:20180122003100p:plain

 

Dブロック展望

大本命 フェデラー 対抗 デルポトロ

 大本命フェデラーが抜けているグループとなります。大きな大会ではしっかり調整をしてくるプロ中のプロであることからも番狂わせは起こりにくいです。

 対抗できるとすれば、昨年ファイナルでそのフェデラーを破って実力をつけているゴファン、そして上位勢と質も互角のテニスを披露する実力者デルポトロという事になります。この両者が順当に勝ち上がると4回戦で早くも対戦となんとも惜しい早期対戦となりそうです。

 


 


 

日本人出場選手

杉田 祐一  ランキング41位

 昨年は錦織選手が不安定な中、途中からは日本人選手の希望として最後まで戦い続け、松岡修造を抜く歴代日本人2位の最高位を獲得した杉田。

 今年は高いランキングでほぼすべてのグランドスラムを本選からの出場するシーズンとなります。活躍次第ではシード獲得の希望も膨らみます。しかし、それだけにランキング維持も至難となります。

 初戦の相手は昨シーズン終盤に大活躍を見せたシード8のジャック・ソック選手との対戦となります。対ソックに対しては悪くない成績となっており、昨年シンシナティーマスターズで対戦し、ストレート勝利を収めています。

 

ダニエル 太郎 ランキング98位

 昨年は全米でナダルと対戦し1セットを奪うなどの活躍が印象には残ったものの、大活躍とまではいかなかったシーズンを送ったダニエル。

 今年はランキングでの本選出場となりました。

 初戦の対戦相手はランキング58位、フランスの36歳のベテランのベネトー選手です。昨年のパリでは印象的な活躍を見せておりまだまだ現役でやっていこうという気構えがあり油断できません。

  

西岡 良仁 ランキング169位 プロテクトランキング

 昨年のマイアミでの怪我で長期離脱をしてしまった西岡選手は長いリハビリを経て年初に復帰しました。まだまだコンディションが整っているとは言い難いですが、今年は大会に出続けてランキングを2桁に復活させることが目標となるでしょう。

 初戦の相手はシード27のドイツ人プレイヤーのコールシュライバーです。老練なプレイにどう対処していくのかが注目されます。

 

その他選手

 その他、予選から出場の3選手は本選出場なるでしょうか。

 

 


 

 

 


1回戦注目カード

ルブレフ 対 フェレール

 年末から年初にかけて成長を見せるルブレフに粘りが復活しつつあるフェレールの1戦です。ルブレフはカタールオープンの準優勝でシード権獲得を滑り込みで手にし勢いがあります。

チチパス 対 シャポバロフ

 共に若手の注目株同士の対決です。大舞台で力を発揮しているシャポバロフに対してチチパスはまだまだ知名度はないですが実力は互角と見ており、面白い試合となりそうです。

クライノビッチ 対 マナリノ

 昨年共に活躍した両選手。クライノビッチはパリマスターズで予選勝ち上がりから準優勝を果たすなど一躍名前が売れました。

 対するマナリノも杉田選手と1年で4度も対戦し、その3戦で壁となるなど日本テニスファンにとっては印象的な選手となっています。

 *クライノビッチが体調不良により出場を辞退したため、ラッキールーザーでイタリアのベレッティーニが入ります。

バウティスタ 対 ベルダスコ

 大よそノーシードとは言い難い実力を突発的に発揮するベルダスコ。昨年の全仏オープンでもノーシードからアレクサンダー・ズべレフを含むシード勢を下し、錦織選手を追い詰めました。

 対戦するバウティスタも昨年それまで未勝利であった錦織選手に作戦勝ちするなどパワーよりもうまさで対応します。いぶし銀の試合となりそうです。

コキナキス 対 メドベデフ

 痛みが無ければトップ選手にも勝利しているコキナキスとメドベデフの今年22歳になる選手同士の戦い。爆発力を秘めるコキナキス選手に注目が集まります。

ミーシャ・ズべレフ 対 チョン・ヒョン

 サーブ&ボレーを進化させ、常に30位台をキープし安定感を見せつけているアレクサンダーの兄ミーシャ・ズべレフ。

 対するはNEXTGENファイナルで優勝し、高い守備力を武器にサーブも進化途中のチョン・ヒョン。体躯的にはアジア人の中では恵まれているだけに今後更に脅威となりえる選手です。

ティアフォー 対 デルポトロ

 昨年はアレクサンダー・ズべレフを破り、全米ではフェデラーをあと一歩まで追い詰めた若手の気鋭。

 デルポトロは昨シーズン終盤に怒涛の追い上げでファイナル進出にあと一歩まで迫りました。常に怪我との戦いですが、状態が安定すれば上位とも互角に争えるだけに若手の勢いに負けるわけにはいきません。

ジョコビッチ 対 ヤング

 昨年の不調、及び長い怪我からの復活を期すシーズンになるジョコビッチ。その最初の相手はホームランか三振の波のふり幅が激しいドナルド・ヤング選手です。

 相手がどのような状態であれ勝っていくことを求められるジョコビッチにとっては嫌な相手となりそうです。

クエリー 対 フェリシアーノ・ロペス

 ともにビックサーブが売りで早い攻めが得意な両選手の対決です。実力はクエリーがリードしているとはいえ、ロペス選手も今年36歳ながら元気な姿を見せており、競った試合が期待できるでしょう。 


 

 


テレビ放送

民放

NHK放送

 NHKでは注目試合、及び日本人選手の試合を中心にダイジェスト版で毎日深夜録画放送予定となっております。

 

CS系

WOWOW、WOWOWオンデマンド 

 グランドスラムの試合はWOWOWが放映権を握っており、日本人選手を中心に注目試合を放送する予定です。

 また、パソコンやタブレットなどでの3チャンネルのオンデマンド放送にも対応しています。

 また、全米オープンは1日目は無料で視聴が可能となっております。(1回戦ではなく、1日目だけが無料視聴となる事にご注意下さい) 

 1月15日の放送分のみ無料視聴可能という事になります

 

 


 

試合結果

 

1回戦 1日目

                                                    

杉田 対 ソック コート2 第4試合 14時開始予定

 昨年共に飛躍の年となった両選手は、昨年シンシナティーマスターズで対戦し、杉田選手がストレートで勝利し、通算成績を1勝0敗としております。また、ソック選手は西岡選手を苦手とするなど、日本人選手との相性の悪さが目に付きます。

 とは言え、実力的には間違いなく格上の選手です。ソック選手も昨年ファイナル進出し8位でシーズンを終えたものの、グランドスラム4大会で3勝に終わるなどケチが付く部分もあったため、今年はしっかりと勝って上位選手である所を見せたいと意気込んでいるはずです。

  1st 2nd 3rd 4th 5th result
杉田 祐一   3 
(8)ソック 1 6(4)   

1stセット

 杉田は髭をたくわえて臨む今回のグランドスラム。

 互いにフォアの打ち合いで杉田がブレーク合戦で先行すると、ラブゲームブレークで畳いかけ、最後はフォアショットでソックの逆を付き、わずか21分で一気に1stセットを6-1で奪取する。

2ndセット

 ソックのフォアがサイドアウトになり、このセットも杉田がブレークを先行させる。

 その後もサービスエースや足を止めてのダウンザラインのショットを決めるなど杉田は加速し、2ブレークアップで4-1と大きなリードを掴む。

 しかし、チャンスボールを力んでネットに掛けてブレークバックを許すと、杉田のライン際のショットが外れ、4-4のイーブンに持っていかれる。このセットはそのままタイブレークに。

 タイブレークはソックが前に出るプレイでポイントを0-3と先行される展開。しかしその後は杉田が強力なショットでイーブンに戻すと、ソックの鋭いサイドリターンに見事に反応し2つのセットポイントを握ると、ソックのリターンがネットにかかりながらラインを割り、杉田が2セットアップ。杉田はガッツポーズで気合を見せる。

 

3rdセット

 立ち上がり杉田の強気の攻めがサイドアウトとなり、ソックがいきなりのブレークを果たす。

 第10ゲーム、ソックとサービンフォーザセットで杉田は3つのブレークポイントを握ると、ソックのリターンが大きくアウトになり、5-5のイーブンとなる。

 第11ゲーム、杉田はダブルフォルトなどで2つのブレークポイントを握られると、ソックのバックハンドがライン際に決まり、そのままソックが1セットを奪い返す。

4thセット

 ソックは軸足が痛むのか気にする素振りを見せるも、いいショットが決まると雄叫びをあげるなど自分を鼓舞する場面が見られる。

 このセットは互いにキープが続き迎えた第7ゲーム、先にソックにブレークポイントを握られる。デュースから杉田はダブルフォルトなどで何度かピンチを迎えるもこれを凌ぎ切る。

 すると第8ゲーム。デュースから杉田が目を覚ますような強烈ショットを決めブレークポイントを掴むと、ソックがリターンを大きく打ち上げ、杉田がここでサービンフォーザマッチの権利を掴む。

 第9ゲーム、杉田のサービンフォーザマッチ。センターへのサービスエースを決めるも、サイドへの際どいショットがアウトになるなどし、デュースへ。そして最後はクロスの打ち合いから強烈な逆クロスを決め、杉田は地面に頭を付けて喜びをかみしめる。

 

杉田 ジャック・ソック
14 サービスエース 6
6 ダブルフォルト 7
61 1st IN(%) 62
74 1st ポイント(%) 68
60 2nd ポイント(%) 61
53 ウイナー 30
     
7/9 ブレーク 5/12

  スタッツを見ても杉田の堂々とした戦いぶりが光りました。サーブでソックを推し、ソックが揺さぶりをかけてもサイドへ強烈なショットを立て続けに決めるなど、ソックに反撃の機会を与えませんでした。何よりもプレイぶりで大きく観客を沸かせており、見ていても気持ちのよいプレイぶりは今後に期待せざるを得ません。

 杉田はこの勝利でトップ10からの初の勝利と共に、グランドスラム3大会連続で初戦突破となりました。強さにもい安定感が出てきており、今年も更なる上位進出が期待できる出だしとなりました。

 2回戦はストレート勝ちをしてきたビックサーバーのイボ・カルロビッチが相手となります。ランキングは下でも昨年まで20位常連の実力者であり、全く油断はできないでしょう。

 

                                                

西岡 対 コールシュライバー コード5 第2試合 12時開始

 怪我明けで再起にかける西岡ですが、初戦から老練なシード選手との戦いとなります。どのようなテニスを見せるかに注目が集まりますが簡単な試合にはならないでしょう。

  1st 2nd 3rd 4th 5th result
西岡 6 6 3 
(27)コールシュライバー 2 

 開始から前に出る西岡は、ベースライン付近から安定したストロークを見せて1stセットを1ブレークアップで奪取する。

 しかし、2ndセットはコールシュライバーはネットプレイを多用する作戦に切り替えると、西岡のペースが崩れてあっさりと2ブレークアップを許し、1セットオールとなる。

 3rdセット、今度は開始から西岡がネットに出る積極的なプレイでラブゲームキープスタートを果たすと以降はコールシュライバーが若干集中力を欠いたプレイを見せ、西岡が一気に6ゲーム連取のベーグルで2-1セットとリードする。

 4thセット、このまま一気にいきたい西岡。しかし、疲れからかフォアショット精度が鈍ると、長いラリーでもコールシュライバーに押され、1ゲームしかキープできずに試合はファイナルセットへもつれ込む。

 ファイナルセットは西岡が4thセットよりも動きがよくなり、左右に振られても動じないで対応していくと、コールシュライバーが立て続けにネットにかけるなどし、一気に2ブレークアップする。最後はコールシュライバーのフォアスライスがサイドアウトになり、この瞬間に西岡は手で顔を覆い感極まった表情を見せる。

西岡 コールシュライバー
3 サービスエース 8
2 ダブルフォルト 4
72 1st IN(%) 55
62 1st ポイント(%) 78
43 2nd ポイント(%) 61
36 ウイナー 40
     
8/19 ブレーク 6/17

 経験豊富なコールシュライバーだけに流れを一気にもっていく事はできなかったものの、ファイナルセットでも機敏に動けた事は大きな自信となるでしょう。体力的な面で相当な準備をした事が伺えます。

 シード選手からのアップセットを生かし、本人が言及している通り、3回戦で実現するかもしれない日本人対決に向けて1日十分休養をして欲しい所です。

 2回戦の西岡選手の相手はセッピ選手との対戦となります。

 


1回戦  2日目 

デルポトロ 対 ティアフォー

 昨年は体調が整わず不参加のデルポトロが満を持して登場。

 爆発力を持ったティアフォーを相手にうまくパワーを往なす形で無難なストレート勝利を収めます。体力的にも十分に蓄えたまま次の戦いに挑めそうです。

 

 


2回戦  3日目 

                

西岡 対 セッピ コート8 第1試合 9時開始

  1st 2nd 3rd 4th 5th result
西岡 1 3 4     0 
セッピ 6 6 6     3 

 復帰2大会目の西岡はグランドスラム3回戦出場をかけてベテランセッピとの対戦となりました。

 しかし、開始から西岡はショットにミスが目立ち、ほぼ一方的にセッピに攻め込まれてそのままセットを落とします。

 するとその後は度々ピンチに立たされてブレークを奪われる苦しい展開の中、打開策がなくストレート負けとなりました。

 とはいえ、体はまずまず動けておりしばらく5セットマッチもないため、プロテクトランキングを使って大会に出場していくうちに、昨年の水準に戻す期待は高まっています。

 

杉田 対 カルロビッチ コート8 第2試合 11;30時開始予定

  1st 2nd 3rd 4th 5th result
杉田 6(3)  5  6  10 2 
カルロビッチ 6(3)  7  4  12  3 

 1回戦、シード8のソック相手に内容も観客も魅了する圧倒的なパフォーマンスで勝利した杉田は、38歳ビックサーバーで大ベテランのカルロビッチとの対戦です。

 カルロビッチは現在78位と杉田より大分ランキングを落としていますが、昨年は大体20位当りに位置し、デビス杯決勝ではデルポトロと死闘を繰り広げたりと、サーブが調子がよい時はまずブレークを奪わせてくれません。杉田はどのような対策を練るでしょうか。

 

 試合に関しては、やはりブレークが取りにくい試合展開で序盤2セットはタイブレークでの決着で1セットオールとなります。

 第3セットも両者のサービスゲームが淡々の流れる中、最後に杉田選手のフォアの精度がおち、ダブルフォルトなどで2-1とセットカウントをリードされます。

 しかし、第4セット、やや疲れが見えるカルロビッチを背に更に動きの質を増す杉田が待望のブレークを奪い、2セットオールとなります。

 ファイナルセットは、杉田が快調にラブゲームキープを重ねる一方、カルロビッチのサービスでは杉田がヤマを張るリターンを見せるなどし、何度もブレークポイントを握るもののこれを生かす事ができないジリジリした展開となる。

 このセットはそのまま6-6までもつれ込み、2ゲーム差をつけた方が勝つサドンデスに突入する。

 延長に入っても、流れは杉田にあるように見えた第21ゲーム、杉田はサーブのミスやカルロビッチがここにきて力を振り絞るリターンなどでブレークを奪われると、カルロビッチの応戦に杉田のフォアハンドがミスショットとなり、痛いブレークを奪われる。

 カルロビッチはサービンフォーザマッチでも全く衰えないサーブで杉田を押し切り、フルセットの4時間37分の激戦の末、杉田は惜しくも2回戦敗退となりました。

 

 試合内容では決してひけを取っていませんでしたが、カルロビッチが10回中2回のブレークチャンスをものにしたのに対し、杉田は12回のチャンスがありながら1度のみしかブレークできませんでした。今日のカルロビッチは最高速でも199キロとスピードの数字自体は出ていませんでしたが、身長を生かした角度のあるサーブはやはり強烈でした。これまでのビックサーバーの対決は昨年のラオニッチが1ゲームでラオニッチが棄権し、ほとんどこの類の選手とは試合をしていませんでした。それでもしっかり対応したテニスを見せていました。

 課題があるとすればプレースタイルの狭さとなるでしょう。この試合ではドロップショットやロブショットは1本も披露していませんでした。揺さぶりがない直線的なテニスは魅力とは言え、相手の調子を崩す意味ではある程度取り入れていかないと上位進出が難しい位置までランキングを上げているとも言えます。

 とは言え、そういうプレイでスタイルを崩すよりは、このプレイスタイルでどこまでいけるかを見てみるのも十分に魅力があるとも感じます。本人次第となるでしょう。

 

 


3回戦  

 ここまで32人に絞られました。

f:id:chiyasyas:20180119105228p:plain

 Aブロックは大きなシードダウンがなく順当に選手が上がってきている印象です。シュワルツマン、カレーニョブスタの昨年飛躍した選手も元気です。

 大本命のナダルはメイヤーにストレート勝ちしているとは言え、攻撃的なテニスに対応した時にハードコードでは若干受けに周り体力を消耗している感じが見受けられます。しかし、このブロックではチリッチ戦も含めて問題なく駆け上がる可能性の方が高いでしょう。

f:id:chiyasyas:20180119105306p:plain

 このブロックは左側はシード選手が全て残ったのに対して、右側は1回戦の時点でシードが全て落ちています。西岡、杉田にもチャンスはあったものの老獪なベテラン選手勢を崩す事はできませんでした。

 ディミトロフは2回戦を辛くも勝ち上がり、キリオスが盤石の勝ち上がりで3回戦はシャポバロフを接戦の末に破ったツォンガとの好勝負が期待できそうです。

f:id:chiyasyas:20180119105323p:plain

 怪我明けのワウリンカが2回戦サンドグレンに成すすべなく敗れました。まだまだ実戦感覚が十分ではないという感じですが、ワウリンカが敗れるのはこんな感じではあります。

 その他は軒並み順当な勝ち上がりと見ます。

 ジョコビッチは勝ち上がっていますが安定感はさほどなく、勝ち上がるのは簡単ではないでしょう。

 逆に注意すべきはチョン・ヒョン選手です。1回戦は途中棄権とは言え圧倒し、2回戦も同世代のメドベデフを寄せ付けませんでした。そして3回戦ではアレクサンダー・ズべレフとの対戦です。昨年の対戦ではズべレフを苛つかせて勝利を収めておりますが、その時よりかなり成長が見られ非常に注目度が高い試合となります。この試合の勝者がこのブロックを抜けるとすら思っています

 また、土曜日という事もあり、じっくり観戦できそうなのも良いです。

f:id:chiyasyas:20180119105357p:plain

 ゴファンが2回戦でベネトーに敗れた以外は怪我明けのラオニッチの1回戦敗退も含めて大きな波乱はない印象です。

 3回戦ではひっそり勝ち上がる事に定評のあるベルディヒとデルポトロの戦いが注目されるでしょう。

 フェデラーはうまく試合ペースをコントロールし危なげない試合でファンを安心させています。

 

ディミトロフ 対 ルブレフ ロッドレーバーアレーナ 第3試合 13;00開始予定

  1st 2nd 3rd 4th 5th result
ディミトロフ 6 4 6 6    3
ルブレフ 3 6 4 4    1 

 昨年の全米ではディミトロフを逆転で破ったルブレフ。

 しかし春先に合わせるディミトロフは2ndセットを奪われるものの、比較的安定したテニスでルブレフを翻弄した勝利となりました。

 

キリオス 対 ツォンガ ロッドレーバーアレーナ 第4試合 17;00開始

  1st 2nd 3rd 4th 5th result
キリオス 7 4 7 7    3 
ツォンガ 6(5) 6 6(6) 6(5)   1 

 3回戦としてはもったいないカードとなったこの試合。

 互いのサーブがよく、お互いにチャンスがなかなか来ない展開で緊迫した試合となる。ほとんどのゲームでタイブレークになるものの、最後まで集中力を切らさなかったキリオスが僅差で押し切った格好となりました。

 地元の声援を大きく受け、4回戦はディミトロフとのこれまた好勝負が期待できます。 

  

チョン・ヒョン 対 ズべレフ

  1st 2nd 3rd 4th 5th result
チョン 5 7 2 6  6  3 
ズべレフ 7 6(3) 6 3  0  2 

 若手の中でも圧倒的な実力と人気を誇るスター選手候補のズべレフに対し、ネクストGENファイナル優勝し、着実に力をつけているチョンとの対決。

 1stセットから互いにショートポイントで終わらない戦いとなる。その中で終盤にピンチを迎えるズべレフはサーブのギアを1段上げ、218キロのサーブを連発しこれを凌ぐと、そのリターンゲームでチョンのサービスゲームを破りズべレフがセットを先行する。

 2ndセットでも互いに譲らないままタイブレークへ。タイブレークではポイントを先行されたチョンだが盛り返してタイブレークを制しセットオールとなる。

 3rdセットになるとズべレフが更にギアを上げてリターンスピードを上げるとチョンが大事な場面で連続でネットに掛けるシーンが目立つようになり、2ブレークを奪われる。このセットはそのままズべレフが取り、ズべレフが勝利に向けて前進しているように見受けられました。

 しかし、4thセットは序盤からズべレフがチョンのリターンに苦しみ、サーブでポイントが取れなくなる。すると、冷静に対応するチョンに対してミスがどんどん増える。

 長い試合となった事で証明がつくと、ズべレフはその証明がまぶしいと主審に再三消灯を要求するも受け入れられない。何度も口論するズべレフに観客がブーイングを浴びせる場面が出てくる。

 こうなるとメンタルがどんどん崩れてくるズべレフ。それを尻目にチョンは全くぶれないプレイで逆にミスを減らすと、チョンがブレークをし、セットオールとしてしまう。

 ファイナルセット。ズべレフは完全に集中を切らすとあっさりミスからブレークされ、その後も立て続けにブレークを奪われ、ラケットを投げ、更には叩きつけてへし折るといういつもの悪いズべレフ全快となる。

 試合はそのまま最後まで立て直せなかったズべレフを相手にチョンは全くペースがぶれない安定したストロークで対応し、ファイナルセットは6-0のベーグルでズべレフを圧倒し、グランドスラム初の4回戦進出と共に、初のトップ10選手の勝利を飾る。

 

 


 

 


 

 

 

2018年に向けて各選手のオフシーズン動向 男子テニス

 ファイナル、デビスカップ決勝が終わり早くも1か月が経ちます。

 今年はフェデラー、ナダルの怪我からの見事な復活があった裏では、ジョコビッチ、マレー、ワウリンカ、そして錦織、ラオニッチなどシーズンを通して怪我に泣かされた選手が多く、来年の再起がどのようになるかが非常に注目される事になります。

 

 

f:id:chiyasyas:20170727132146j:plain


ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin


ジョコビッチ選手の状況

 ジョコビッチは他の怪我の選手よりも大分露出が多くなっています。既に体は十分に動かせるようで、若手選手との練習風景がインスタグラムなどに載せられてます。

 ズべレフとトレーニングマシーンを使った動画を公開したり、チチパス選手との練習を公開したりと、若手選手と積極的に絡んでいるのが印象的です。

 これだけ動けてる所を見ても来年は年初からしっかり大会に参加できることはほぼ確実と言えそうです。

 後は試合勘をどこまで戻せるかにかかります。今年は怪我がなくても不安定な出来に終始したため、自信を取り戻すまでは様子を見る必要があるでしょう。

 


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


マレー選手の動向

 アンディー・マレー選手も体を動かしたトレーニングを既に開始しているという事ですが、ジョコビッチ程積極的に露出はせず、年初復帰に関してもまだ慎重な姿勢を崩しておりません。

 ただし、チャリティーマッチに積極的に参加している事からも既に体は動く状況になっているはずですし、後は年初のスケジュールでどのような姿を見せるかにかかります。

 ジョコビッチよりも更に不安定さがあった今シーズンの仮を返したい所です。

 

ワウリンカ選手の動向

 ワウリンカの腰の手術は早い段階で成功し、リハビリにいそしんでいるとの事です。既に体調は戻っており、スノーブランドのCM撮影などに引っ張りだこのようです。

 とは言え、ワウリンカも試合を離れている事に対する不安は消えてなかったようで、早く実戦に戻りたいという焦りもあるでしょう。しかし、腰というデリケートな部分の手術をした後なので他の選手より復帰は遅れる可能性は否定できないでしょう。

 

錦織選手の動向

 錦織選手は既に日本でのオフを終えアメリカに戻って練習に明け暮れているようです。 

  手首を強く振る練習や常時帯同するボッティーニコーチとのアドバイスを元に復帰に向けて着々と準備を進めています。

 錦織選手は年初のブリスベンオープンからエントリーしており、順調に行けば全豪には間に合うという事のようです。

 手首にはまだ怖さがあると本人が語っているようですが、あせらずに調整して欲しい所です。

 

 現状ではどの選手も年初からの始動となっていますが、怪我の大きさや手術をした事によりワウリンカ選手は年初からは活動は難しいとみています。どうなるでしょうか。

 


2017 12月現在 錦織選手の来年の参戦時期は・・

 ATPツアーは11月中旬、ディミトロフの完全優勝で幕を閉じましたが、団体のデビス杯決勝では、ベルギー対フランスでゴファンは獅子奮迅の活躍を見せたものの、2-3でフランスが優勝しました。総合力ではフランスに分があり、ダブルスでもマウが選外となる意外な人事があったにせよ、その他の部分の総合力でカバーした感じです。

 

錦織選手の現在の状況 

f:id:chiyasyas:20170219135024p:plain

Kei Nishikori will soon turn 28 next month, and he is not a young player anymore. The World No. 22 is healing from a right wrist injury, and in a recent interview, he spoke to about the "NextGen" players. 'Seeing [Alexander] Zverev definitely made me feel old", Nishikori admitted in an interview to The Japan Times:'It’s rare to see a player that young play so well nowadays.

 

I know I’m not considered a young player anymore. Of course, I feel pressure in that sense but that’s the reality. Young players are always aggressive and unafraid. That’s their weapon and I can learn from that.' Speaking about his recovery process, Nishikori added: 'I can’t say when I’ll heal from my injury so I’m trying not to rush anything.

I’m aiming for the (Jan. 1-7) Brisbane International, but it could be February, or even March, who knows. I want to make sure I’m in top form when I’m back on tour so I’m in a position to win a Masters or Grand Slam title.

I also hope I’m mentally stronger and hungrier next season. I know I’ve been away from competition for about six months because of my injury, but I hope to make it back into the top five. I know I can.

 要約すると、若くない錦織選手は復帰したい願望があるものの、その復帰時期は依然として不明という事になります。

 年初のブリスベン国際にエントリーはしているものの、先週でのエキシビションの練習の際にまだ思い切り右手首が触れないという感触を持ったと発言しております。

 錦織選手の願望としては、悪くても全豪やその後の北米マスターズには参戦したい意思が強いものの、それが実現するかはわからないという文脈になっています。

 

 ブリスベン国際エントリー発表により、日本のテニスファンは年初から錦織の姿が見れると期待している部分があるとは思いますが、現状ではほぼその線は薄いように見えます。

 手首というテニスをするにも重要な箇所の怪我という事と、若くないという面考慮するとコーチが不十分な状態で出場させる事も考えにくく、全豪もスキップする可能性はかなりあるとみています。

 



北米マスターズから復帰か?

  今年は全豪後の2月は南米のクレーコート大会に参加しましたが、体に負荷のかかるクレーコート回りは今年はまずないでしょう。

 とは言え、北米マスターズ前に大会に出る可能性も低く感じます。

 以上から、全豪をスキップした場合は一気にマスターズまで出場しないのではないかと考えます。

 そうなった場合に重要になるのは錦織選手のその時点でのランキングとなります。

 

インディアンウエールズ時復帰の場合

 1885-(150+180+150)=1405 現在30位相当

 マスターズまで復帰が伸びた場合は上記の通りトップ30ギリギリラインでの復帰となります。北米2マスターズはシード32まであるので辛うじてシード権利は付きますが早期のトップ選手との対戦は避けられません。

マイアミ時復帰の場合

 1405-180=1225 現在40位相当

 マイアミまで復帰が伸びた場合は更にポイントが下がり、現状のランキングでは杉田選手とほぼ同位置まで落ちてくる事になります。

 ここまで落ちるとマイアミオープンもシード32ではあるもののシードは付きません。

クレーコートシーズンに入っての復帰の場合

 1225-180=1045 現在45位相当

 グレードの大きな大会では1回戦から強敵との試合となる可能性がかなり高くなります。かつ、ATP500以上では1回戦免除もなく試合負担はこれまで4年間より増してしまう事になります。

 

復帰は自分のプレイができると確信を持った時にすべき

 以上のように、復帰時期によっては大会勝ち上がりにかなり支障をきたす可能性があるものの、一番の問題は錦織選手が自分が思うように体が動かせる事に尽きます。

 無理を推して出場すべきではないでしょう。今シーズンで言えば春先に追った怪我の違和感を引きずってしまい、夏シーズンにそれが爆発してしまったという印象がどうしてもぬぐえません。今まで無敗だった選手に4人も負けている所を見ても、実力を発揮できていたとは言い難いシーズンだったのは確かです。

 

錦織選手の日本滞在

 11月下旬から日本に戻っている錦織選手は日清のイベントやエキシビジョンマッチの解説などの仕事をこなしながら12月入りと同時にアメリカに戻る予定となっています。

 ブリスベン国際に参加する場合は一度欧州のベルギーを経てオーストラリア入りするとの情報もありますが定かではありません。

 何れにしましても年初から活動するためというよりは、しっかり動ける状態に早くもっていってほしい所です。

 

スポンサーリンク