週末はスポーツ観戦

テニス中心に、サッカー、野球などの観戦記や思った事を徒然に赴くままに

ジョコビッチ2017残りシーズン欠場を発表 怪我の全容は不明・・・ マレーは・・・

 2017年7月26日。ジョコビッチ選手が自国のベオグラードにおいて、今シーズン残りの全試合を欠場する事を発表しました。

 

ジョコビッチによる欠場表明

 

英語でのスピーチ

 

www.youtube.com

 

共同会見スピーチ

 

www.youtube.com

 

ジョコビッチ欠場理由について

 やや髪が跳ねているお茶目な部分を見せつつもジョコビッチはゆっくりと壇上に上がり欠場理由を語っていきます。

f:id:chiyasyas:20170727132117j:plain

 会見は40分にも及ぶ長いものとなりましたが、ジョコビッチの欠場理由は右肘の怪我によるものとの事です。

 「残念ながらこの1、2か月で右肘の状態は悪化するばかりだった。この痛みは1年半余り前からあるものだ。何人もの医師の話を聞いたけど、その結果今シーズンはテニスのラケットを握らない事にしたよ。この怪我は直に治るものではないようなんだ。時間と休息が必要で、その後で様子を見る必要がある。ただ、手術の必要はない。」

f:id:chiyasyas:20170727132135j:plain

 「これから数か月はラケットを取らない生活となる、日々の生活や休息を楽しむことにするよ。大きな決断だが、今は前向きでいるよ。来年は最初の大会から出場する気ではいるよ。来年の全豪では早い段階で上位シード選手に当たるのを楽しみにしてるよ。」

f:id:chiyasyas:20170727132146j:plain

 固い表情の中に時折笑顔を見せるなど、リラックスした表情で会見は進み、終了するや否や満面の笑みを浮かべて関係者とハグをして会場を後にしました。

 

怪我の全容が不透明

 ツアー欠場理由として右肘の痛みがあるのは間違いないのですが、色々な薬を処方してもよくならなかったとも会見では話しており、来年にツアーに戻ってくるといいながらも、その怪我の全容がイマイチハッキリしない感を受けます。この怪我が時間で治る物かすら現時点では確定的なものはないでしょう。右肘の状態が今後どのように回復するかがあまり見えない会見でした。

 怪我の治癒期間が未知数でありながら、手術が必要ないと言い切る事と、試合中の棄権の仕方からも重症という感じには見られなかったため、右肘の怪我を理由にしてのメンタル面の整備の色合いが濃いと感じてしまいます。

 

長期休養のタイミングはベスト

 とは言え、怪我どうこうよりも最近のジョコビッチはやる気は見えるものの、それが空回りし、更にうまく行かなくなると気持ちも続かないという場面が散見されており、しばらくテニスから離れるという選択肢は悪くありません。

 怪我で出場できない以前にメンタルでの揺れ幅が大きく、著しく安定感を欠いていたのは事実です。これは怪我によるものとは思えませんでした。

 

コーチ陣は据え置きの予定

 臨時コーチの位置づけであったアガシコーチとは来年も同じようなスタンスでのコーチを依頼し、アンチッチコーチとの関係も続ける見通しとの事です。

 これに関してはジョコビッチが来年本当に序盤からテニスができる肘の状態やメンタルの状態になってるかによるでしょう。

 

フェデラーナダルの再現を期待されるジョコビッチ

 長期休暇後に復活したフェデラーやナダルのような姿をジョコビッチに求める声は大きいでしょう。彼らも少しテニスが下り坂にかかったタイミングで休養し、今年見事な成績を収めています。当然ながらここ1年間らしくないジョコビッチを見せられたファンにとっては彼らの再現を期待する事でしょう。

 ただし、その為にはフェデラーのようなテニスを楽しむような心、あるいはナダルのような不屈の闘争本能を研ぎ澄ますなど、メンタル面の準備が必要不可欠です。来年の復帰をめどにどのレベルでメンタル面が整備されるかに注目したい所です。

 

マレー選手の動向

f:id:chiyasyas:20170422140558p:plain

 ジョコビッチが長期離脱を発表した事により、次の注目は何といってもマレーに移るでしょう。

 ジョコビッチと同じような調子曲線をマレーもたどっています。全仏準決勝では素晴らしい試合をしましたがそれ以外の試合は安定性に欠ける試合が多く、昨年は見られなかった早期敗退を何度も繰り返しています。何よりどこまでも追い続ける諦めないマレーが影を潜めています。

 マレーもフィジカルやメンタルにはジョコビッチと似たような問題を抱えており、慢性化した怪我も持っています。

 

現在のマレー

 そのマレーですが、現在は故郷のスコットランドに戻って休暇中との事です。終始和やかなショットが収められており、危惧した腰の状態も悪くはなっていないとの事です。

 また、8月序盤の北米のモントリオール、シンシナティのマスターズ大会もスキップする予定がないとの事です。負けず嫌いな面は健在といった所でしょうか。

 私的な意見としては、マレーの方がジョコビッチよりもフィジカルコンディションが厳しそうに見えてましたので休養も悪くはないと感じる所ではありますが、この判断が今後どう影響してくるかを見ていきたいです。

 

 

 

 

 

ゴファン、カレーノブスタ 負傷選手復活も明暗が

 クレーコートシーズンの活躍により今後の上位進出が期待されながら、怪我により芝シーズンをスキップせざるを得なかったゴファン、カレーノブスタ選手は復帰戦で明暗が分かれました。

 

ダヴィド・ゴファン選手

f:id:chiyasyas:20170720154032j:plain

 全仏オープンの3回戦のセバリョス戦でボールをコート深くに追いかけた際に防水カバーに右足をひっかけてあらぬ方向に折れ曲がり長期離脱が心配されたゴファン選手は、翌週月曜日の診断により2週間の軽傷と診断されファンを安心させました。それ程当初の映像は衝撃的で今シーズン復帰すら危ぶまれる程でした。

 芝シーズンはスキップしたものの、早い段階で7月中旬のクレーツアーに参加を表明し、水泳やサッカーに興じるなどしフィジカルを順調に整えていました。

 その復帰戦となったクロアチアオープン(クレイコート)では第1シードとして登場し、初戦に予選勝ち上がりのバラージュ選手との対戦。まだまだ万全とは言い難いものの、体は動けており、フルセットの2時間20分の戦いの末に勝利しました。汗だくで観客に堪えるゴファン選手はその疲れよりも、ツアーに戻って来た事を喜んでいる様子でした。

 

パブロ・カレーノブスタ選手

 

f:id:chiyasyas:20170720154924j:plain

 全仏でラオニッチ選手を破りベスト8に進出するなど活躍を見せたカレーノブスタ選手。全仏ベスト8の対ナダル戦で腹部を痛めてそのまま棄権し、芝シーズンをスキップしました。カレーノブスタ選手の怪我は当初よりも深刻で1か月程の時間を要した模様でしかもまだ身体的に不安があるとの事でした。芝シーズンスキップも早い段階で発表されていました。

 その復帰戦であるスウェーデンオープン(クレイコート)では、難敵ククシュキン選手と対戦しましたが、問題なく動けてはいたものの、2ndセットをタイブレークで落とすと、ファイナルセットで再び腹部を抑えての棄権となりました。

 ある程度回復しても筋肉の動作によって突然の激痛に襲われるのが完治していない様子でまだ時間がかかりそうな予感で、非常に残念な限りです。

 

パブロ・クエバス選手

 

 また、芝シーズンをスキップしていたクエバス選手も同スウェーデンオープンの第3シード選手として参加しておりましたが、ラークソネン選手にいい所なくストレート負けしています。クレーコート巧者としてあまりにもあっさりと負けてしまい、まだ怪我の影響がありそうです。

 

長期間休んでいるとランキングに影響

 

 どの選手も怪我の具合に対して復帰が早すぎるという印象をうけますが、これは現行わずか1年しかポイントがランキングが影響しないため、1,2か月のツアー離脱が自身のランキングに与える影響は大きく、そのためにどの選手も復帰を焦ってしまう傾向にあると思います。

 プロテクトランキングという公傷制度はあるとはいえ、どの選手もポイントを稼ぐのに必死という事が伺えます。誰しもがフェデラー選手のように休養後満足なテニスができると言うわけではありません。それ程にフェデラー選手は自己管理力が桁違いなのがわかります。

 

北米ハードコートツアー前のクレー、グラスの残り大会

 現在はハードコートシーズンの前の最後のクレー、グラスコートの試合が行われています。クレイコートはATP500のドイツテニス選手権が大きなグレードの大会として残っています。

 シュワルツマン、フェレール、ラモス・ビノラス選手などがクレイコート最後の踏ん張りを見せようと奮闘する所に注目が集まります。

 そして、ゴファン選手の回復ぶりもどうなるか見守りたい所です。

 

 

2017年7月4週 ATP男子テニスランキング 錦織8位、杉田43位にアップ

 ウインブルドン大会が終わり、男子テニスランキングが発表になりました。

f:id:chiyasyas:20170718151237j:plain

 優勝を飾ったフェデラーが3位に返り咲き、ランキング上位4人をビック4が独占する形となりました。

 また、準優勝のチリッチは順位変わらずも下位との差を大きく引き離し、今後の活躍次第ではトップ4を目指せる目安の5000ポイントを初めて突破しました。

 昨年のディフェンドポイントが大きかったラオニッチは順位を大きく下げ9位。錦織選手はその恩恵で3回戦敗退ながらも8位に浮上しました。

 全仏で好調ながら怪我でグラスシーズンを全て見送ったカレーノブスタ選手は、近辺順位の選手が振るわなかったため、16位と試合に出ていないにもかかわらずに自己ベスト更新しました。

 また、杉田選手はグランドスラム初勝利の45ポイントを獲得し、自己最高を更新する43位となりました。対戦相手のマナリノが4回戦に進んだ事を考えると、ツアーレベルで十分に力を発揮できており、今後も期待できそうです。 

 

全米に向けての錦織選手近辺の失効ポイント

f:id:chiyasyas:20170724143703j:plain

 チリッチ選手以降の錦織選手近辺の選手の失効ポイントになります。全米オープンに向けての試算表となります。

 中位集団から抜け出した感のあるチリッチは、マスターズの優勝ポイントが響きかなりの失効ポイントがありますが、それでもまだアドバンテージを持っています。

 その他、概ね500ポイント程の失効ポイントの選手が多い中、ティエム、ズべレフの失効が少ないのが目に付きます。彼らが上位候補と言われるのはその点も大きいでしょう。かつ、この2人は年末のファイナルまでもそれほど大きな失効がありません。逆にモンフィスは一気に20位前後までランキングが落ちる可能性が高いです。

 錦織選手もこの集団の中では3番目に失効が大きい選手です。ハードコートは得意とは言え、今年全体でのテニスを見る限りは自身を失っている感もあり、懸念材料は多いでしょう。今年の錦織選手はトップ10の選手と2回しか戦っておらず、トップ30以内の選手ではソック、バウティスタ、フォニーニ、ディミトロフなど、それまで相性が悪くない選手にも負け続けています。しかも、そのすべてが錦織の不調というよりは、力で負けている内容ばかりです。

 しかし、逆に考えるとここまであまり良い印象のないテニスをしていながら年間ATPランキングが14位というのもやはりトップ選手と感じさせる所はあります。現在は日本に滞在し休暇中との事ですが、十分にリフレッシュして後半戦に挑んでいけばよいのではないでしょうか。

 

 

 

スポンサーリンク