週末はスポーツ観戦

テニス中心に、サッカー、野球などの観戦記や思った事を徒然に赴くままに

2017後半戦 錦織の今後の失効ポイント

 2017年シーズン思うような試合が出来ていない錦織選手。今後の失効ポイントに関して見ていきましょう。

f:id:chiyasyas:20170222102047p:plain

 

 8月3週  90 ATP1000シンシナティー 3回戦

 8月4週 720 ATP2000全米オープン SF準決勝

10月3週 300 ATP500バーゼル F決勝

10月4週  90 ATP1000パリ 3回戦

11月2週 200 ATPツアーファイナル ラウンド1勝

(10月1週の楽天オープンはアウトオブカウントです)

 

 錦織選手はツアーファイナルまでに上記のようにまだまだ多くの失効ポイントを残しています。計1400ポイントの失効は、マレー、ワウリンカ、チリッチに次いで多い失効ポイントです。

 

 春先の頃はまだ若手の活躍には時間がかかるというのが大方の見方であったにもかかわらず状況は大きく変化しました。ズべレフがマスターズを連勝し、春先には錦織選手と3000ポイント近く離されていたポイントを一気に抜き去って届かない位置まで到達してしまいました。

 

 また、その春先には4500ポイント程あった錦織選手のポイントは現在3280ポイントと大きく下落しており、その上で上記の失効ポイントがまだ残されています。非常に厳しいシーズンを象徴しています。

 

前半戦の振り返り

 前半戦開始の時点での錦織選手の失効は以下の通りでした。

 前半戦はマスターズで特に大きな失効ポイントがありましたが、それらの大会でSFまでの進出が1度も果たせず、結果大きくポイントを減らしました。

 前半戦は右手首の怪我に悩まされ、出場したかと思えば棄権や辞退を繰り返しました。

 

チャンコーチの神通力も限界か・・・

 

 ハードコートシーズンでこれからの巻き返しに期待した矢先、シティーオープンでは下位選手の奮闘に苦戦し、同格と思われていたアレクサンダー・ズべレフには完膚なきまでに叩かれてしまいました。

 また、モントリオールではモンフィスに何度も勝利寸前まで追い込みながらも捨て身の攻撃を受けてしまい大逆転負けを喫しています。

 その精神的なムシャクシャを払拭する意味でもある程度の戦いが望まれたシンシナティーマスターズでは、ディミトロフ選手との練習の際に右手首に激しい痛みを覚え、ボッティーニコーチとの話し合いの結果、シンシナティー欠場を発表しました。

 

 既に勝利をあげつつあったアレクサンダー・スべレフは、ウインブルドンの後、新コーチとしてフェレーロをコーチとして迎えてシティーオープンとモントリオールで連勝しました。彼は全てのツアーに帯同し、今後もズべレフの成長を助けるでしょう。

 これに対して錦織陣営は2013年から体制がかわっておりません。それが悪い事とは思わないですが、チャンコーチは限られた大会にのみ帯同で、マスターズ大会も半分は帯同しません。ボッティーニコーチが常時コーチとして帯同はしているものの、錦織選手に強く要求するようなコーチではなく、現状の錦織選手を常時コントロールできるコーチが今こそ不可欠ではないかとは感じてしまう所です。

 チャンコーチも錦織選手に強く言えるコーチなはずですが、最近は互いの方向性がズレてきているのか、前程鬼気迫るような表情を見せなくなったのは非常に気がかりです。

 今年に限って言えば今まで改善してきた部分にすら綻びが出ている事が言えます。モンフィス戦のように重要な局面で自信を無くしたような受けの姿勢は今後の錦織選手を考えると危険なサインなように思います。彼を力強くささえつつ、突き放したり、あるいはやる気にさせるような剛腕の力が今の錦織選手には必要になってきたと感じます。

 

 

チェルシー悪夢の開幕戦ホーム敗北 17/18プレミアリーグ開幕

 日本時間8月11日(金)の夜中27;35に17/18プレミアリーグが開幕しました。

 その中で昨年優勝し、今年はチャンピオンズリーグを含むカップ戦でも活躍する必要があるチェルシーですが、開幕前のプレシーズンマッチでは不安だらけの出来に終始しており、尚且つ肝心の人員整理が偏りすぎて人がいないというビッククラブにとってあるまじき事態となりました。

f:id:chiyasyas:20170707102727j:plain

 

 

チェルシーの開幕のオーダー 

 GK クルトワ

 DF リュディガー、ルイス、ケイヒル

 WB アスピリクエタ、アロンソ

 DMF カンテ、セスク

 OMF ウイリアン、ボカ

 FW バチュアイ

 

 コスタが監督の構想外となり、新加入のモラタはまだフィットしていないとしてベンチ、かつプレシーズンでは目立ったプレイをしていなかったにもかかわらずボカがスタメンに入る緊急事態。

 

 その、ベンチですが・・

 

 GK カバジェロ

 DF クリステンセン

 DF トモリ

 MF ムソンダ

 MF スコット

 FW モラタ

 FW ケネディ

 

 機能しそうなのはボルシアドルトムントからレンタルバックのクリステンセン、新加入のモラタの2選手のみで、不適切な投稿でツアーを外されていたケネディも含め未知数の若手のみの状況。

試合開始

 シーズンの始まり。どんな立ち上がりを見せてくれるかチェルシー。と思いきやクルトワへのバックパスが目立ちます。かといって前線にバチュアイが全くボールを収められません。

 この状況にいら立ったのかカンテがドリブルで持ち上がるなど攻撃での打開を図るプレイを見せますが、他の選手がついてきておらずチャンスを作れない嫌な流れです。

 開始早々の3分にアロンソが足裏タックルと見られてのイエローカード。この時点で既に不穏でした。この時間に、しかもカードが出るようなプレイには見えませんし、相手を削ってすらいません。話し合いよりもカードで制しよとする嫌なタイプの主審とみます。

 すると前半14分中盤当りでケイヒルが足裏を見せたとして一発レッドで退場となります。プレミアリーグを見てる人にとってこれがレッドが妥当かどうかは大いに議論されるようなプレイでした。これがレッドなら2013年にマティッチが同じバーンリーのバーンズに食らった後ろからの足裏タックルはレッド5枚分ぐらいに相当するプレイでしょう(カードすらなし)。チェルシーはFAの判定には悉く厳しく取られる風潮は今年も覚悟しなければならないと確信した場面です。

 その後は選手の精神状態が分断されて全く試合にならなくなりました。

 ルイスはかっかして審判に隙あらば抗議し、あげくの果てに緩いボール対応のクルトワを怒鳴り散らしてしまいます。(最終的にはイエローを貰います)

 カンテは前線へ突っかける回数を増やしますが、肝心の守備で持ち場を離れピンチを再三作ります。

 セスクはボールの出しどころがなく良さが全く生きません。

 ウイリアンはボールを持ちすぎ攻撃に流動性やスピードをもたらすことができません。

 一様に選手のコンディションの悪さが見て取れる中、マルコス・アロンソのみ上下動の運動量及び独力で突っかかるなどの可能性のあるプレイを見せます。

 しかし、失点は時間の問題でした。PA付近での混乱で相手選手の放ったシュートがコースが変わり緩い弾道でゴールに吸い込まれると前半終盤、マークを外されたPA端から見事な鋭角なシュートを突きさされ、更にはセンターで完全にフリーな状態からもシュートを叩き込まれて3点のビハインドを背負いました。

 

 前半終了と同時に大きなブーイングに包まれましたが、これは主審に対するものでしょう。試合が完全に壊れてしまいました。

 

後半持ち直すも届かず

 後半に入るとバーンリーはチェルシーにボールを持たせる。しかしそれでもバチュアイが機能せず、さしたるチャンスは作れず。

 アロンソが独力で打開を図り、クロスを上げるとこれが相手選手の手に当たるもののハンドとはならず。ルイスが抗議に入る。

 後半14分にバチュアイに変えてモラタが入る。

 その直後のプレイで右サイドを駆け上がると、相手選手が後ろから強烈な足裏タックルを見せるもこれがイエローどまり。モラタは主審に見た事のないような権幕で怒りをあらわにしてルイスも当然のように食ってっかかる。アスピリクエタがこれを制する。

 その後ウイリアンのクロスにモラタが頭から飛び込んで気合のゴールを入れる。会場の雰囲気も一変する。

 その後も攻勢を続ける、クリステンセンの右からのシュートにモラタが触ってゴールと思いきやオフサイドの判定が下る。しかし、このプレイはその時にバーンリーのDFがボールをタックルにいって足を出しており、この足よりもモラタは前に出ていなかったため、オフサイドではないはずであったのだが・・・・。。

 更に攻勢を強めるチェルシーはしかし、セスクが足を出したとして2枚目のイエローで退場しチェルシーは9人となってしまう。このイエロー2枚目もボールに行っており、足裏を見せたという主審の判定による退場。

 その後、アスピリクエタが大きくボールをセンターに上げるとこれをモラタがそらし、ルイスが豪快に蹴り込み2-3とする。

 ここからも怒涛の攻めを見せるも、そのカウンターでは相手のダイブ確実なプレイに対して主審はバーンリーにフリーキックを与え、しかもリュティガにイエローカードが提示されるという意味不明な判定が下る。会場のヒートアップぶりは推して知るべし。

 このFKが間一髪ゴールポストの外にそれて難を逃れる。

 試合はこのまま2-3でチェルシーがホームで痛い敗戦となる。

 試合終了後の審判団には鳴りやまないブーイング。

 

勝てる見込み自体は薄かった試合

 まずは試合に関してですが、入り方が本当に悪かったです。選手がチームとなっておらず個々で動いていました。中でもカンテは暴走したかのように前に上がっていましたがケイヒルが退場した後も同じプレイを繰り返しました。この部分はかなりいただけません。この状態であればカンテはもっと中盤で身構える必要があったでしょう。マティッチはもういないのです。

 攻撃には可能性皆無でした。バチュアイはその体格の割にボールが全く収まりません。カウンターの時の宛所として使われてるにもかかわらず大きなバックパスを選択して攻撃のスピードを殺したり、単純にボールを奪われたり、セスクとの意思疎通を図る動きも全くできずの落第点です。

 それに比べればモラタは短時間ですが中央にいるだけにとどまらず左右に動き、かつボールがPA内に来ればゴールできるような体制を常に整えていました。オフサイドになった動きも責められるべきではありません。また、ルイスのゴールをアシストしたそらしも見事そのもので回りも使えるよい選手です。

 孤軍奮闘していたのはアロンソでしょう。右サイドはフォローがいるのに対して、1人少なくなり守備でも攻撃でもほとんどが1人によるプレイとなりましたが相手が3人ぐらいついてきても抜くプレイや鋭いシュートでゴールキーパーにファインセーブを強いるなど脅威となっていました。必要不可欠な選手であると共に彼の不在の時の左サイドバックが大きく心配となる事も確実です。

 セスクとルイスに関してはケイヒルの退場に納得がいかず試合を通してヒートアップしたままとなってしまいました。アスピリクエタがルイスをなだめるのに必死でしたがチームとしてのリーダーシップを強く発揮するタイプではないだけに、そのようなリーダーシップのある選手の必要性も垣間見えた試合でした。

 

退場がなくても試合内容は酷い出だしだった 

 

 ただ、言えるとすれば、退場が出ていなくても楽に勝てる試合ではなかったかと思います。それは、攻撃の流動性の無さ、守備でも個々が分断されていた事や前半に限ればリュティガもまだまだ統率が取れていませんでした。つまりはチームがまだまだプレシーズンマッチという感じでプレミアリーグ仕様にはなっていません。

 

 けが人が戻ってくるのは9月に入ってからと見られており、新加入のバカヨコ、エースのアザールやペドロが揃うまでどのぐらい勝ち点を取れているか・・。そこに今年のチェルシーはかかってきてしまいます。

 現状では6試合までは強豪との試合が立て続けに組まれており、勝ち点10を取るのはほぼ絶望的と言えるでしょう。

 

プレミアの審判に関して

 

 最後に審判に関して。

 カードで試合を収めようとするタイプの嫌な主審でした。このタイプは柔軟性もなく、自分が決めた基準でカードやファールを判断するばかりでなく、感情的にもなりやすい帰来があります。ファールがあるたびにキャプテンをわざわざよび試合進行を妨げており、かつその偏りぶりが酷いを通り越していました。

 すべてのプレイに置いて副審に確認する事なく独善的にカードを乱発しました。

 また、上半身のファールはファールと思っていないのかほとんどが見逃されました。バーンリーのボールのない所で肘打ちで倒されたリュティガーやハンドのプレイには全く位に返さない素振りを見せ、かつ、ユニフォームを掴んで倒したプレイにも全く反応を示しませんでした。

 しかし、下半身。特に足に対するプレイは厳しく対応しました。アロンソの前半3分のいきなりのイエローは度肝を抜かれました。あそこから怪しい雰囲気がありましたが、そのアロンソのイエロー基準でチェルシーは全て裁かれたのに対してバーンリーの足裏の強烈タックルや、死角外からの突進等相手のファールにはイエロー止まりとモラタが激高するのも仕方のない不平等な判定に終始しました。

 感情的になって最後はバーンリーの明らかダイブをFK判定し、リュティーガにイエローカードを見舞う始末です。

 

 プレミアの主審ははっきりいってこのような主審が少なくないのが残念です。主審に権限が大きすぎるだけでなく、主審をFAが守ります。選手は全く守られていません。アザールは危険なプレイを度々食らうため、余計にFAの審判擁護が酷く見えますが、間違いなく事実です。他のリーグより主審は独善的で選手の為にはならない判定ばかりを繰り返します。

 そしてその結果プレミア勢は欧州の試合ではイエローやレッドが乱舞しトーナメントを勝ち上がる事ができなくなってしまっています。他のリーグ基準では選手はもっと守られています。またそうでなくてはいけません。

 また、そのような寛容(チームによる異なる?)なジャッジにより選手の健康が損なわれ、それも欧州リーグで活躍できない一因となるでしょう。ベストメンバーを組みたくても下位チームがファール覚悟のプレイでスタープレイヤーをことごとくつぶしていきます。

 これでいいはずがないんですよね。プレミアリーグは。

 プレミアリーグの魅力は拮抗した戦力の凌ぎあいであって、肉体のぶつかり合いも互いにフェアであってこその競技です。汚いプレイや、強引なタックルを寛容的に見るのが醍醐味なんかではありません。

 莫大な放映権が動いているプレミアリーグを含むサッカー界ですが、ネイマール問題もあり、そろそろお金の問題に対して視聴者の視点も変わってくるのではと感じていますし、そうでなければいけないと思います。

 

 

錦織選手 右手首怪我でシンシナティーマスターズ欠場発表 全米オープンに不安

 8月14日の日本時間早朝。シンシナティーオープンを第5シードで出場予定だった錦織選手が、その当日の練習で右手首を負傷し、練習を切り上げたという情報がありましたが、そのまま大会の欠場を発表しました。

f:id:chiyasyas:20170703120930j:plain

 

全米オープンの活躍に大きな影

 この負傷はもちろん錦織選手にとっては大きな出来事でしょう。現在の錦織選手は試合に対する自信が揺らいでいる状況です。モンフィス戦の大逆転負けを早く払しょくしたという思いは強いでしょう。しかし、右手首の怪我により欠場となる事により、ぶっつけ本番で全米オープンに挑むことになります。むしろ、怪我の状態によっては全米出場も危ぶまれますが、去年のウインブルドンに見られるように、グランドスラムでは少々の怪我は無理して出るのが錦織選手です。

 現在の錦織選手の精神状態がどうなってるかは知る術もありませんが、これまで記述通り、有力選手を多く欠いている今回の全米は錦織選手にとっても最後といってもいいチャンスだったはずですが、錦織選手自身に色々な問題が降りかかっているという現状です。

 

諦めない気持ち

 モントリオールでのテニス。そして怪我。。こういう時は錦織自身だけでなく、回りのサポートは絶対的に不可欠です。錦織選手を批判するのではなく、逆に支えてあげるぐらいの気持ちで応援すべきではないかとは感じます。

 そして、やはり最後は自分自身が気持ちを盛り上げるしかないです。全米に出るのであれば1回戦がやはり大きなバロメーターとなるでしょう。まだ気が早いですが、その時のテニス内容によって今後の錦織選手のテニス選手としての位置づけが決定してしまう可能性はありそうです。

 

ATPファイナル最後のチャンス

 北米のマスターズ2連戦で錦織選手は10ポイントの獲得にとどまる事が確定しました。流石にここで稼げなかった事から全米での活躍がファイナル出場には絶対不可欠となってしまいました。

 幸い他のファイナルを争うライバルが総コケ(ベルディヒは怪我で回避)したため、まだ可能性は十分にあるポイントと言えますが、それは逆に言うならば大外から意外な選手に捲られる可能性も大きく残す事になります。

 現在上位にいる選手でワウリンカ、ジョコビッチが欠場を発表している事は10位までがファイナルに入るラインとなります。更にはマレー選手にも不安がある現状はかなりの選手にファイナルのチャンスがあります。

 確定及び当確といってもいい選手は、ナダル、フェデラー、ズべレフ、ティエム。この4人はほぼ確定と見てよいです。ティエムのみがハードコートでの対応が迫られますが、ズべレフはマスターズ連覇で既に争いから抜け出した位置にいます。

 その他の4人を考えた場合、マレーとチリッチが大会に出るフィジカルに回復した場合は有力となり、その他2枠は実力やハードコートの相性を考えると、ベルディヒ、クエリー、ツォンガ、ディミトロフ、錦織、ラオニッチと6人で争っている状況です。カレーノブスタやゴファンは怪我の回復が思わしくなく終盤までに万全に状態に戻るのは難しいと見ます

 

6人の調子は皆一様に不安定

 ベルディヒ 怪我の影響でモントリオールをスキップしたものの、ウインブルドンでは良いテニスでフェデラーにも対抗。シーズン序盤の不調を脱していれば大きくチャンス有。

 クエリー ここ最近は良いテニスを見せているものの、安定して良いテニスができるかに問題を抱える

 ツォンガ シーズン序盤に比べるとややフィジカルが不安定で調子不足感がある。他のライバルがパッとしない事によりまだレースに踏みとどまれている印象

 ディミトロフ ここぞでメンタルに不安があり。シーズン序盤の勢いを取り戻せるかが鍵

 ラオニッチ 慢性的な怪我に悩まされる。フィジカルの回復が絶対的に必要。

 錦織 ここにきて手首の怪我によりシンシナティーを欠場。フィジカル同様にメンタルにも大きな問題をかかえ、自信も失っている状況。

 

 このように誰をとっても勝ち上がれそうという選手がベルディヒぐらいで、そのベルディヒでさえ、彼自身のテニスというよりは、回りの競ってる選手が不調なだけという印象が強く決定打がありません。

 大外から捲る可能性としてはキリオス選手があげられます。モントリオールではズべレフに完敗しましたが試合自体は割と面白い試合となり、テニスをやる楽しみを少しずつ復活してきているという印象です。キリオスがその気になった時に再びズべレフとの対戦が楽しみとなるぐらいまで回復した場合は上記6人よりも可能性は高いと予想します。

 後はモントリオールで大活躍の18歳シャポバロフ選手が今後もパワフルな攻撃テニスができるかどうかも注目されます。今大会の躍進で一気に60位台までランキング上昇が確定しています。ファイナルには流石に届かないですが。

 

怪我や自信を全て払拭する錦織選手に期待

 他の選手のもたつきでまだまだATPファイナルのチャンスを残すというのは逆に錦織選手としては、モチベーションとして昇華しなければいけない部分でしょう。シンシナティーで他の選手がどのような活躍を見せるかは未知数ですが、対抗している5選手がSF以上の活躍を見せるという図はあまり想像できません。

 またSF進出してもポイントは360。全米でSF進出すれば720です。逆に言うならば錦織選手がファイナルに進むために必要な全米での成績はこのSF準決勝進出が一つの基準となるでしょう。

 とは言え、そういうポイント云々ではなく、錦織選手には怪我の回復及び自信の回復に努めて頑張っていただきたい所です。

 

スポンサーリンク