読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

週末はスポーツ観戦

テニス中心に、サッカー、野球などの観戦記や思った事を徒然に赴くままに

錦織、マレー、ワウリンカ登場 2017全仏オープン1回戦3日目

 

 5月30(火)2017全仏オープン1回戦3日目21試合が行われます。

 残りのシード選手、錦織、マレー、ワウリンカが登場しますが、この3選手は試合時間がかぶりそうな所が難点です。テレビ視聴にも非常に悩まされる事が必死です・・・。また、センターコートでの試合が組まれる程注目されるアレクサンダー・ズべレフ対ベルダスコの試合は放送されるのでしょうか

 

 ・マレー 対 クズネツォフ

 コート:フィリップシャトリエ 第3試合 日本時間21;00予定

 (同コート第2試合 Aズべレフ対ベルダスコの順延試合)

 

 ・ワウリンカ 対 コバルク

 コート:スザンヌコート 第2試合 日本時間20;00予定

 

 ・錦織 対 コキナキス

 コート:コート1 第2試合 日本時間20;00予定

 民放放送:テレビ東京系列 20;54録画放送予定

 

 ワウリンカと錦織が、女子シングルスの第1試合後の予定となっており、ほとんど被る上、マレーの試合は直前にサスペンデット延期になったアレクサンダー・ズべレフ対ベルダスコの試合を挟むとは言え、第3セットから開始となりますので、錦織、ワウリンカと被る可能性が非常に高いです。

 

 

錦織 対 コキナキス

 過去の両者の対戦はなく、初対戦となります。

【コキナキス選手】 

 年齢 21歳

 国籍 オーストラリア

 現在ランキング ランク外

 最高ランキング 69位(2015年)

 シングルスタイトル 0

 

 対戦相手のコキナキスは恵まれた体躯から繰り出されるサーブが持ち味の選手です。

 今年の1月のブリスベンのダブルスで同国のトンプソン選手と組み優勝しています

 2013年にデビューすると、2015年には19歳でランキング69位まで上昇しましたが、そこから怪我やダブルスなどに主戦場を移したこともあり、今年はシングルスは直前のリヨンオープンに出場したのみで、チャレンジャー大会の参加もありません

 そして、精神的に未熟なのか、西岡選手との試合ではやや相手に敬意を欠く発言があったりと、プレイぶりとメンタル面に波があります。

 錦織選手は相手の挑発に乗るタイプではありませんが(そうでもないかも・・)、しっかりとプレイすれば問題なく突破できる相手ではないでしょうか。

 また、シングルスのトッププレイヤーとしてはこれほどまでにシングルスでの実践から遠のいてる選手には負けるわけにはいかないでしょう。

 

  1st 2nd 3rd 4th 5th result
錦織            
コキナキス            

 

 

1stセット

 

 

2ndセット

 

 

3rdセット

 

 

 

 

 

 

 

 

マレー 対 クズネツォフ

 今シーズンここまで波に乗れないマレー。試合前には感染症の影響よりもモチベーションの持って行き方に苦労したと発言しています。ジョコビッチと似たような状況と言ってますが、現状はジョコビッチよりも深刻度が高そうな所が気がかりです。

 対するクズネツォフはロシア人の26歳のプレイヤーです。クレーコートシーズン試合数をかなりこなしており、ジュネーブオープンでもラモス・ビノラス選手を破って準決勝でワウリンカと対戦しています。

 マレーとしては簡単な試合にならないと予想します。

  1st 2nd 3rd 4th 5th result
マレー            
クズネツォフ            

 

 

 

ワウリンカ 対 コバルク

 グランドスラムに向けて尻上がりに調整し、ジュネーブオープンではミーシャ・ズべレフとの熱戦の末勝利し、上機嫌で望んでくる今大会。

 対するコバルクはスロバキ出身の24歳のプレイヤーで、ランキングは152位に位置します。チャレンジャーの大会を主な主戦場としている選手です。

 本来の調子であればワウリンカが難なく突破すると思われますが、どうなるでしょうか。

  1st 2nd 3rd 4th 5th result
ワウリンカ            
コバルク            

 

 

その他選手

 キリオス、ベルディヒ、デルポトロ選手が登場します。

 マレーブロックはデルポトロとマレーが本命と言われていますが、マレーの状態、及びデルポトロの怪我の状態を考えると本命は事前展望で予想した通りベルティヒ選手ではないかと考えます。

 


 

 

 

杉田フルセットの末敗退 ジョコビッチ、ナダル、ゴファン 2017全仏オープン1回戦2日目

 5月29(月)日本時間18;00より、1回戦40試合(サスペンデット試合は19;40予定)が行われています。

 ジョコビッチ、ナダル、ゴファン、チリッチ、ラオニッチなどの上位勢が登場します。

 また、昨日日没サスペンデットになった杉田選手の試合も行われています。

2017 グランドスラム 全仏オープン ドロー表 各グループ展望 試合結果

杉田 対 ジョンソン(サスペンデット以降)

ダニエル太郎緒戦突破! 2017全仏オープン1回戦(1)

 昨日、2セットを取られ、絶体絶命な状態からタイブレークを制し、4thセットに入るとフォアの精度が著しく落ちたジョンソンをせめてブレーク先行を勝ち取った矢先のサスペンデット。杉田としては水を差された格好のこの試合の行方が気になる所です。

4th サスペンデット以降

 1日開けての試合再開となったこの試合。ジョンソンの憤りは収まっており、丁寧なフォアショットを見せて杉田を再び追い込む。

 すると、第10ゲームの杉田のSFS。ジョンソンのフォアショットが襲いかかり3つのブレークポイントを握られると、杉田のバックハンドにリターンを集中され、そのバックハンドショットがアウトになり、土壇場でブレークバックを許す

 更に、第12ゲーム、追い込まれた焦りからかショットミスし、マッチポイントを握られるも、ジョンソンのミスにも助けられてキープし、タイブレークに持ち込む

 

 タイブレークに入ると杉田は常にポイント先行し、ジョンソンのダブルフォルトや、杉田のサービスエースなどもあり5つのセットポイントを迎え、そのままタイブレークを7-3で杉田が制して2セットオールとなる

 

ファイナルセット

 2セットを奪い返して勢いに乗りたい杉田。

 しかし第3ゲームの杉田のサービスゲームで、杉田のフォアショットがアウトになると、ジョンソンは前にきてのボレーを決め2つのブレークポイントを握られ、更には杉田のリターンのフォアショットがネットを捉えずにこのゲームをブレークされる

 第5ゲームの杉田のサービスもショットの精度を欠きデュースに持ち込まるも、ジョンソンのミスショットで何とかキープ。

 第9ゲーム、杉田のサービス。ゲームカウント5-3で迎えたこのゲーム、杉田は積極的に行くもののショットミスが重なりマッチポイントを握られてしまうと、尚も攻め、ライン際のショットを放つもこれがアウトとなりゲーム終了となりました

 

 セットカウント2-3、ゲームカウント3-6,3-6,7-6,7-6,3-6で杉田選手は初戦敗退となりました。

 

試合スコア・スタッツ
  1st 2nd 3rd 4th 5th result
杉田 3 3 7 7 3 2
ジョンソン 6 6 6(4) 6(3) 6 3

f:id:chiyasyas:20170529210411j:plain

 中盤はミスが増えたジョンソンに対して杉田もよく対応しましたが、終盤は逆にジョンソンにうまくバックハンドを狙われてミスを重ねてしまいました。

 お互いにフォアを得意としている事もあり、バックハンドでのショットが鍵となりましが、落ち着いた時のジョンソンはうまくスライスで杉田選手のショットを躱したりと、サーブ速度が210キロ以上を超え、且つうまさもあり、格上の相手ではありました。しかし、ストレート負け濃厚だっただけに粘りは見事でした。

 サスペンデットの延期によりジョンソンが落ち着いてプレイできた事が悔やまれますが、致し方ない所でしょうか。最後まで攻めてよいテニスを見せましたし、今後に期待できるでしょう。

 

 

ジョコビッチ 対 グラノリュエス

  1st 2nd 3rd 4th 5th Result
ジョコビッチ 6 6 6     3
グラノリュエス 3 4 2     0

 全仏からラコステの胸部に縦縞のウエアで試合に臨んだジョコビッチ。

 試合はストレートでジョコビッチが勝ちましたが、自身のサービスゲームで安定したキープが出来ず、第2セットではブレークされた瞬間に自分の出来にイラついた表情を見せる場面もありました。しかし、ブレークしたり、局面においては自分を鼓舞するように大きな声を出したりと必死さは感じます。

 万全の状態とは言えないですが、闘志で打開しようとしている様子が伺えます。上位と当たるまでに間に合うかどうかが鍵になりそうです。

 

ナダル 対 ペール

  1st 2nd 3rd 4th 5th Result
ナダル 6 6 6     3
ペール 1 4 1     0

 大本命ナダルに、地元の声援を受けるペールとの試合。

 序盤2ゲームはペールも持ち味を発揮し、強烈なバックハンドでナダルを攻めて好勝負を予感させましたが、そこからはナダルのショットに揺さ振られてペールがエラーを連発し、5ゲーム連取されて1stセットをナダルが取ります。

 2ndに入ると先にナダルがブレイクするものの、その後4連続フォアハンドのショットをミスするなどでブレーク合戦となる。しかし、ペールにもミスが目立つと、ナダルは終盤にギアを上げフォアショットウイナーを連発し、更にブレークを重ねて2ndセットもナダルが取る。

 3rdセットに入ると更にギアを挙げるとペールはリターンに窮するようになり、ナダルが次々とブレークし、最後はフォアのスマッシュを叩き込み、ストレートで勝利しました。

 2ndセットはやや荒れたものの、3rdセットでしっかり挽回する当りに盤石さを感じる試合でした。

 

ゴファン 対 マチュー

  1st 2nd 3rd 4th 5th Result
ゴファン 6 6 6     3
マチュー 2 2 2     0

 全仏で期待のかかるゴファン対地元フランスのマチューとの試合。

 この試合はゴファンが一方的な試合を見せました。サーブ速度は200キロに満たないものの、ワイドやサイドへのエースを決めてマチューに的を絞らせません。また、ストロークでも厳しいコースのショットを重ね、サービスゲームで無風状態を作り出し、省エネでストレート勝ちを収めました。

 イタリアオープンでの出来はやはり疲労からだったという事がわかる程、今日は動きがよく、むしろ照準を前に合わせ過ぎている印象もありますが、1時間50分で試合を終わらせて次戦にも十分な状態で挑めるのはプラス材料でしょう。

 

その他シード勢

ラオニッチ、チリッチ

 両者とも万全なストレート勝ちを収めています。スタッツから判断すると体力消費も抑えられていると見ます。

 

ミーシャ・ズべレフ

 ジュネーブ決勝から中1日での強行出場気味なミーシャ・ズべレフは、序盤からブレークをして、疲れを感じさせないプレイで1stセットを奪取しましたが、2セット目の息詰まるシーソーゲームを終盤にブレークされ落とすと、以降はジュネーブで7戦試合を行った疲労がありありと現れ、サーブで威圧を与えられない状態となり、2ndサーブをに叩かれる展開でセットカウント1-3でATPツアー2戦目のイタリアの若武者ナポリターノに敗退してしまいました。

 この結果は想定内ではありますが、やはり悲しいです。

 その後の弟アレクサンダー・ズべレフに少々プレッシャーがかかる可能性はあります。

 

アレクサンダー・ズべレフ

 相手は百戦錬磨でファイナル経験もあるスペインのフェルナンド・ベルダスコ。いわゆる迷惑ノーシードの部類に入る選手です。

 1stセット出だし好調のベルダスコにズべレフは深いショットがコートをとらえず、さらにはブレークポイントを握られてのダブルフォルトなどで1stセットを落とす。

 この状況では日没サスペンデットはほぼ確実な様相となる。

 2ndセットに入ってもズべレフの調子は上がらない。互いにブレークからスタートする。しかし、ここからベルダスコが大事な場面でダブルフォルトを犯すなどし、ズべレフがこのセットを取り、1セットオールとなる。

 3rdセットに入る前にまだ時間はあったもののサスペンデットとなる。

 

 

ダニエル太郎初戦突破!杉田サスペンデット 2017全仏オープン1回戦(1)

 5月28(日)男子1日目が行われております。

 日本のダニエル太郎選手、杉田選手、ティエム、ディミトロフ選手らが登場します(以下選手敬称略)

2017 グランドスラム 全仏オープン ドロー表 各グループ展望 試合結果

 

ダニエル太郎 対 ヤノビッチ

  1st 2nd 3rd 4th 5th result
ダニエル太郎 6 6 6      3 
ヤノビッチ 4 4 4      0 

 

 

 予選を勝ち抜いたダニエル太郎が、既に4試合目となるこの試合。相手は26歳のポーランド人ヤノビッチです。

 

 立ち上がり、お互いの攻勢で共にキープで迎えた第3ゲーム、ヤノビッチが立て続けにミスショットし、2つのブレークポイントを握るも、デュースに持ち込まれる。こここでヤノビッチのフォアハンドのリターンがアウトになり3度目のブレークポイントを掴むと、揺さぶられながらもバックハンドのショットを決め、先行ブレークする

 その後はヤノビッチのショットのミスもあり、第10ゲームのSFSをラブゲームで取り、ゲームカウント6-4でダニエル太郎が1stセットを取る

 

 2ndセットの第5ゲーム、ヤノビッチのフォアのショットの精度が良くなく、2つのブレークポイントを握った後のリターンショットをアウトし、このセットもダニエル太郎がブレーク先行する

 しかし、直後の第6ゲーム、フォアハンドの狙いすましたショットをアウトしブレークポイントを握られると、焦りからかチャンスショットをミスし、ブレークバックを許す

 ところが第7ゲーム、サービスエースを決めるヤノビッチは、しかしフォアハンドのリターンの精度を欠き、2つのブレークポイントをダニエルが握ると、ヤノビッチのバックハンドのショットがアウトとなり、ダニエル太郎が再びブレーク先行する

 その後はダニエルは自身のサービスゲームで危なげなくウイナーを重ね、ゲームカウント6-4で取り、セットカウント2-0とする

 

 3rdセット、第6ゲームのサービスゲームはダニエル太郎にとって試練が。ヤノビッチに2度のブレークポイントを握られるも、力強いサーブでこれを凌ぎ、最後もサービスエースでこのセットは粘りを見せたキープを見せる

 すると直後の第7ゲーム、ヤノビッチのサービス。ヤノビッチがリターンの精度をことごとく欠き、ダニエルがブレークポイントを握ると、ラリーからのヤノビッチのバックハンドのショットがアウトとなり、勝利に向けてのブレークを果たす

 第8ゲームのダニエルのサーブ。ヤノビッチに粘られデュースに持ち込まれるも、ここも最後はサービスエースでキープを果たす

 第10ゲーム、ダニエルのSFM。ダニエルの連続エースが決まり2つのマッチポイントを握ると、最後は揺さぶってのフォアハンドウイナーを叩き込み、セットカウント3-0のストレート勝利を飾りました

 

 

f:id:chiyasyas:20170528230024j:plain

 予選3回戦を戦っている疲れが心配されましたが、試合中はその疲れを全く感じさせず、相手の動きを見て左右にリターンを散らし、ミスを最小限に抑える素晴らしいテニスを披露しました。

 またストロークだけではなく、サイドを抉る迫力あるエースが大事な時に彼を助けました。5セットマッチにおいてのアンフォーストエラー「8」は驚くべき数字で、彼がいかに相手を研究し、準備したかをうかがわせます。

 

 ダニエル選手の2回戦の対戦相手はこちらも1回戦をストレート勝ちしたシード20のスペイン選手、カレーノブスタ選手に決まりました。今シーズンクレーコート大会でよい試合を見せている強敵です。しかし、次の試合まで2日の休養ができますので、ゆっくり休んで準備してもらいたい所です。

 

ティエム 対 トミック

 ティエムの初戦の相手はランキング39位のトミック。実力者のトミック相手ですが、ティエムはイタリアでの悪夢を全く感じさせず、自分から左右に動き圧巻のテニスを見せます。

 結局トミックに1度のブレークポイントも許さずに盤石の勝利を収めました。

 3セットでアンフォーストエラーが10と、かなりの省エネぶりも見せました。ランキング30位台の選手には既に格が違うと言わんばかりの実力を発揮できるようになってきています。

 

ディミトロフ 対 ロベール

 ディミトロフの1回戦の相手はベテラン37歳になるフランスのステファン・ロベール。

 ディミトロフは序盤から危なげないテニスで1stセットを取るも、2ndセットに入るとミスが目立ち始め、自身のゲームでラブゲームブレークを許すなどピリっとしない。

 しかし、時折見せるバックハンドクロスが冴え、セットカウント3-0のストレート勝ちを収めています。今後どのように調子を上げていくかが気がかりです。

 

 

杉田 対 ジョンソン

 バルセロナではアップセットを演じ続けて全仏本選出場をランキングで獲得した杉田、対するスティーブ・ジョンソンはシード25のアメリカの選手です。

 

 ジョンソンは強烈なサービスとサイドへのサーブで杉田を揺さぶる。

 1stセットは、杉田もストロークで良いショットを見せるも、ジョンソンのサーブに手を焼き、かつジョンソンの深い角度のあるリターンに推されて互いにブレークした後の、2ブレークアップの6-3でセットを落とす。

 

 2ndセットも杉田は最初のサービスゲームをブレークされると、ストロークではジョンソンのバックハンドを執拗に狙うものの、その都度ジョンソンがスライスサーブで杉田のリターンを狂わせる。結局1ブレークアップの6-3でこのセットも杉田はセットを落としてしまう。

 

 3rdセットはお互いにブレークポイントを握り合いながらも必死のキープが続く。

 そして第10ゲーム、ジョンソンのサービスゲームで、ジョンソンのミスショットなどがあり、杉田がセットポイントを掴むもこれを凌がれてキープされてしまう。

 すると第11ゲーム、杉田のサービスゲームで、スライスリターンが冴えたジョンソンがブレークし、杉田は後がなくなる。

 第12ゲーム、ジョンソンのSFM。フォアウイナーを決めて勝負を決めにいくジョンソンは、しかしここから連続でミスショットを犯し、2つのブレークポイントを杉田が握ると、ジョンソンのリターンがアウトになり、タイブレークに突入する。

 タイブレークは杉田が優位にすすると、ジョンソンがダブルフォルトを犯すなどして、4つのセットポイントを握る杉田。ジョンソンの粘りに会うも、最後はラリーからのジョンソンのリターンがロングとなり、杉田が1セット取り返す事に成功する

 

 フランス時間で9時を過ぎ、サスペンデットが近づくこの試合。

 

 4thセットに突入すると、ジョンソンに苛立ちが目立ち始め簡単なショットのミスが繰り返されるようになる。

 すると、第3ゲームのジョンソンのサービスで、立て続けにショットがアウトし、杉田がラブゲームブレークと一気に試合が混沌とした状況となる

 第6ゲーム、杉田がサービスをキープし、ゲームカウント4-2となった所で、日没サスペンデットで翌日に試合が順延されました

 

 試合の流れからすると、日没サスペンデットは非常にありがたくない状況でしょう。ジョンソンは明らかにコントロールを失っており、杉田のバックハンド攻めをスライスでしっかり凌ぎ、サーブで勝負する形を自ら崩していってしまってます

 この状況では杉田は一気に押し切る可能性が高まっていただけに、1日置いて冷静な気持ちになって挑んでくるジョンソンに杉田は対応できるかが鍵です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク